FC2ブログ

記事一覧

深夜会食で厚労省課長更迭 首相謝罪、職員23人参加(2021年3月30日配信『共同通信』)

キャプチャ6
厚労省の職員が深夜まで会食していた問題についてコメントする菅首相。左は田村厚労相=30日午後、東京都千代田区で(代表撮影)

 厚生労働省の職員23人が東京・銀座の店で深夜まで会食していた問題で、菅義偉首相は30日「大変申し訳ないことだ」と謝罪し、再発防止に向け田村憲久厚労相が厳しく対処するとした。東京都内で記者団の取材に答えた。同省は同日、会を発案した老健局老人保健課長を大臣官房付に事実上更迭し、田村氏が閣僚給与2カ月分を自主返納すると発表した。

 また、緊急事態宣言が出された1月7日以降、5人以上が参加した職場の会食を他に2件確認したと明らかにした。いずれも宣言解除後で、午後9時までに終了した。

 課長は30日付で減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とし、19人に訓告や注意。



厚労省、23人会食主催の課長 事実上の更迭(2021年3月30日配信『日本経済新聞』)

厚生労働省は30日、職員23人が深夜まで会食していた問題で、会食を主催した老健局の老人保健課長を同日付で大臣官房付に異動させる人事を発表した。事実上の更迭となる。田村憲久厚労相も管理責任をとり大臣給与2カ月分を自主返納する。


会食は24日夜、東京・銀座の飲食店で送別会の名目で開いた。介護保険制度を担当する老人保健課の課長を含む職員23人が参加し、深夜0時前まで続いた。十数人が最後まで残った。職員らは夜11時まで営業している店を探し予約したという。

参加した課長補佐ら14人に訓告、主査ら5人に注意・指導の処分を出した。事務次官は厳重注意、老健局長は訓告とした。

都内の緊急事態宣言は21日で解除されたが、都は飲食店に対し4月21日まで午後9時で閉店するよう時短営業を要請している。田村氏は30日の記者会見で「国民に制約をお願いしていながら、このような形で勤務後に飲みに行っていた。国民の信用を裏切りおわびする」と陳謝した。

また問題発覚を受けて、緊急事態宣言が発出された1月7日以降の職員の会食を調べたところ、ほかにも5人以上の職員が参加した会食が2件確認された。いずれも午後9時前には終了していたという。



キャプチャ3





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ