FC2ブログ

記事一覧

東京都 新型コロナ 475人感染確認 緊急事態宣言解除以降最多(2021年4月1日配信『NHKニュース』)

東京都は、1日午後3時時点の速報値で都内で新たに475人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。3月21日で緊急事態宣言が解除されて以降では最も多くなりました。

都によりますと、新たに感染が確認されたのは10歳未満から90代までの男女合わせて475人です。

1週間前の木曜日から81人増えていて、3月21日で緊急事態宣言が解除されて以降では最も多くなりました。

また、1日までの7日間平均は372.3人で、前の週の116.4%となり、増えています。

7日間平均が前の週から増加するのは20日連続です。

1日の475人の年代別は、
▽10歳未満が17人、
▽10代が24人、
▽20代が114人、
▽30代が93人、
▽40代が55人、
▽50代が64人、
▽60代が39人、
▽70代が32人、
▽80代が24人、
▽90代が13人です。

これで都内で感染が確認されたのは12万1461人になりました。

一方、都の基準で集計した1日時点の重症の患者は3月31日より1人減って44人でした。



東京都 “大型連休直前の感染者1日650人に” 専門家分析(2021年4月1日配信『NHKニュース』)

キャプチャ

東京都内の新型コロナウイルスの感染状況などを分析 評価する「モニタリング会議」が開かれ、今の増加のペースが続くと1日あたりの新規陽性者が大型連休の直前にはおよそ650人になるとする分析が示されました。

専門家は、「増加比がさらに上昇すると爆発的に増加し、第3波を超えるような経過をたどることが危惧される」と強い危機感を示し、ただちに対策を講じる必要があると指摘しました。

1日の会議で専門家は、都内の感染状況と医療提供体制をいずれも4段階のうち最も高い警戒レベルで維持しました。

このうち感染状況は新規陽性者数の7日間平均が▼3月24日時点のおよそ300人から▼31日時点はおよそ349人となり、前の週からの増加比は117%で上昇したと報告しました。

そして「緊急事態宣言が解除されて主要な駅や繁華街、花見の名所などで多くの人出があったことから、急激な感染拡大への厳重な警戒が必要だ」と指摘しました。

さらに、今の増加比が継続すると、1日あたりの新規陽性者が▼2週間後には1.37倍のおよそ480人▼大型連休直前の4週間後には1.87倍のおよそ650人になると分析しました。

専門家は「増加比がさらに上昇すると、新規陽性者数は爆発的に増加し、第3波を超えるような経過をたどることが危惧される。変異ウイルスにより急増する可能性がある」と強い危機感を示しました。

そのうえで、取り組みの成果が現れるのはおおむね2週間後だとして、ただちに対策を講じる必要があると指摘しました。

一方、医療提供体制は、入院患者が先月31日時点で1466人となり、先週の1371人から増加傾向だと分析したうえで「今後の推計に基づくと、体制のひっ迫が憂慮される。重症化リスクの高い高齢者の新規陽性者を減らすことが重要だ」と強調しました。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ