FC2ブログ

記事一覧

東大卒キャリア官僚「勉強ができたからこその悲惨ルート」を嘆く(2021年4月2日配信『NEWSポストセブン』)

キャプチャ
「東大→キャリア官僚」はエリートコースの王道だったが…

 現在も「東大卒」のブランドは圧倒的だが、東大生を取り巻く環境は大きく変化しているという。東大の「学生生活実態調査」(2018年度)によれば、学部生が最も多く抱える悩みは「将来の進路や生き方」で、「就職」が続く。

キャプチャ2
安田講堂前で膝上30cmスカートのチアリーダー3人やラガーマンらが出迎える合格発表直後

 かつて「東大→キャリア官僚」はエリートコースの王道だったが、現在は「官僚離れ」が進む。

 2020年度の国家公務員総合職(キャリア)試験合格者1717人中、東大卒は249人で、合格者に占める割合はピーク時の32.5%(2010年)から14.5%に激減した。大学ジャーナリストの石渡嶺司氏が指摘する。

「SNSの発達とともに、若手官僚の職場環境が極めて過酷で、労働時間が非常に長いのに年収が低いことが若い世代に知れ渡りました。加えて、事あるごとに不祥事で国民からバッシングされるうえ、天下りが難しくなっている。東大を出て官僚になる“旨味”がなくなったことも官僚離れの要因です」

 現実に官僚になった東大卒は疲弊している。

 霞が関の中央省庁で課長補佐を務める30代のキャリア官僚A氏は、月の平均残業時間が150時間。国会会期中は答弁作成のため200時間を超えることもある。

 肉体的にも精神的にも常に疲弊し、通勤の満員電車で立ったまま気絶したように眠る──。最近になってようやく、そうした労働環境が問題視されるようになったが、これまで残業代はほとんど出ず、入省10年目の年収は650万円だったという。

 自身も東大卒のライター・池田渓氏(2002年入学、理II)は、A氏を取材した際にこう打ち明けられた。

〈東大に入らなければ、こんなつらい仕事に就くこともなかったのかな、なんてことはよく考えます。小さい頃からなまじ勉強ができたから、東大なんかに入ってしまい、人生がこんな悲惨なルートにつながってしまった〉

 池田氏が指摘する。

「Aさんのような東大卒の官僚は能力が高いだけでなく、責任感が強いので仕事が集中しがちです。こうした状況をよく知る学生は官僚を敬遠するようになり、近年、キャリア官僚につながる東大法学部への進学を希望する学生が減っています」

 2019年の東大入試では、それまで文系の国内最高峰であり、法学部に進む学生の多い東大文Iが、合格最高点・最低点、平均点のすべてで東大文IIを下回り、関係者に衝撃を与えた。

 最上位層の受験生たちが“いま、東大法学部に行っても幸せになれない”と考えていることが読み取れるのだ。

キャプチャ3

※週刊ポスト2021年4月9日号




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ