FC2ブログ

記事一覧

愛知の聖火リレーで男性限定区間 舟「女人禁制」理由も批判の声(2021年4月1日配信『毎日新聞』)

キャプチャ
乗船者を男性に限定している「ちんとろ舟」=あいち山車まつり日本一協議会のホームページより

 愛知県で6日に行われる東京オリンピックの聖火リレーのうち、同県半田市内を舟で通るコースが「男性限定」となっている。同市で江戸時代から続く「ちんとろ祭り」で使用されている舟にランナーを乗せて聖火を運ぶが、舟が伝統的に「女人禁制」であることを踏まえ、同市の申請を受け愛知県実行委員会が決定した。識者からは「男女平等をうたう五輪憲章を理解していないのでは」と批判の声が上がっている。

 愛知県実行委員会や市によると、「男性限定」コースは同市の半田運河を通る約200メートルの区間。聖火ランナーのほか、地元住民の計約30人の男性が舟に乗り込み、おはやしを奏でて祭りを再現する予定という。

キャプチャ2

 市は地元の祭りをPRしようと、舟によるリレーを県実行委に提案。祭りでは、舟に乗れるのは男性に限られてきたため、聖火リレーでも男性限定にしたという。祭りを取り仕切る地元の男性役員によると、舟に乗る警察官や報道関係者も全て男性だ。県に提案する際、舟が伝統的に女人禁制であることを伝えたという。

 市の担当者は毎日新聞の取材に「五輪精神にそぐわないところもあるかもしれないが、祭りはそういうもの。歴史と伝統文化か、最新の常識かの問題だ」と説明。県実行委の担当者は「地元の魅力を発信したいという市の意見を尊重した。相撲などと同じ伝統なので、特段問題にはならず承認した」と話している。

 女人禁制に詳しい鈴木正崇・慶応大名誉教授(文化人類学)は「祭りに使う舟は神様を迎え祭るためのもので、女性を乗せることは禁忌とされてきた」として伝統が維持されてきたことを指摘。その上で「そもそも神事舟をなぜ聖火リレーで使うのか疑問。祭りとイベントを分けて考えるべきだ」と、聖火リレーにそぐわないとの考えを示した。

 スポーツとジェンダーの問題に詳しい來田享子・中京大教授は「誰も疑問に感じずに決められてしまったこと自体にジェンダーの視点が入っていないという問題がある」と話している。

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は取材に「愛知県実行委員会に確認して回答したい」としている。【川瀬慎一朗、酒井志帆】

ちんとろ祭り
 愛知県半田市の住吉神社で毎年4月中旬、五穀豊穣(ほうじょう)などを願って実施。山車の町内引きと神社境内の池に2そうの「ちんとろ舟」を浮かべ、舟上で子ども舞を奉納する。ちんとろ舟は江戸後期ごろから始まったとされ、小舟2そうを並べた上に板を敷き、その上にやぐらを設けてちょうちんなどを飾り付けるのが特徴。




キャプチャ2
山車の梶取り
場所:紺屋海道
時間:両日早朝と深夜

凡天を先頭に、団子綱をいっぱいに伸ばした山車は追幕と吹抜きを揺らしながらちょうど一輛分の道幅を民家の外塀ぎりぎりで擦り抜けてゆきます。直角あり、クランクあり、カーブあり、左右の梶方の掛け合いが早神楽と混ざり、独特の雰囲気を醸します。

キャプチャ3
ちんとろ舟
場所:宮池の西岸
時間:試楽午後6時頃~

宵宮に備え、拝殿より移された種火を元に、全ての提灯を一つずつ灯してゆきます。ゆらゆらと水面に舟影を映し、囃子を奏でながら岸を離れる様は一見の価値あり。

キャプチャ
二輛二艘の出会い
場所:宮池の東岸
時間:本楽午前11時半頃~

舟はまきわらと真柱を外し屋形を載せて幔幕が張られ、山車と同じ姿に変わります。道中を上山に乗ってきた三番叟は、山車からここで舟に降ろされます。宮入り前のひととき~上山と吹抜きを高く上げた二輛の山車と二艘の舟。桜並木と赤煉瓦建物が素敵な背景です。

公式サイト➡ここをクリック




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ