FC2ブログ

記事一覧

名古屋市長選 立候補予定の3氏、本紙討論会で激論(2021年4月4日配信『毎日新聞』)

キャプチャ
名古屋市長選を前に毎日新聞中部本社で討論会に臨む(左から)尾形慶子氏、横井利明氏、河村たかし氏=名古屋市中村区で2021年4月2日、兵藤公治撮影

 任期満了に伴う名古屋市長選(11日告示、25日投開票)を前に、毎日新聞社は、立候補を予定している▽市民団体役員の尾形慶子氏(63)▽元市議長の横井利明氏(59)=自民、立憲、公明、国民推薦、共産愛知県委員会自主支援▽現職の河村たかし氏(72)――の3氏による討論会を、同市中村区の中部本社で開いた。大村秀章・愛知県知事の解職請求(リコール)の署名不正事件などを巡り、激しい論戦が交わされた。

 同事件について、尾形氏は「(河村氏が)応援団長として深く関わったリコール。その署名に大量の不正があったのだから潔く辞めたらどうか」と指摘。市議会で早くから追及してきた横井氏も「(河村氏に)道義的責任はかなりある。説明責任が果たされていないところに、問題の根源がある」と批判した。河村氏は「不正に気づけず情けない。申し訳なかった。ただ犯罪は隠れてやるから本当に分からない」と釈明した。

 さらに横井氏は、河村氏が自ら主導し成立した2010年の市議会解散請求にも疑問を投げかけた。当時の署名簿のデータが入っているというUSBメモリーを懐から出し、「今回ほどひどくはないが、同じ署名がいっぱいある」と主張。尾形氏は「細かい状況は初めて聞いた。驚きだ」と繰り返した。河村氏は「どこから出たのか。名誉毀損(きそん)だ」と、強く否定した。

 3氏ともに力点を置く新型コロナウイルス対策を除いた目玉公約については、河村氏が「スクールカウンセラーを全小学校に拡充配置する。同時に、もっと権限を与えて、先生と対等にする」と主張。横井氏は「(子どもに関する相談の第三者である)スクールロイヤー制度を市長室直轄で設け、弁護士が関係者と調整する。悲鳴を上げる子どもに寄り添いたい」と述べた。尾形氏は、温暖化対策を掲げ「直ちに始めないと地球は取り返しがつかないことになる。名古屋で実践する。緑を増やして夏でも木陰を歩けるような街にする」と語った。【岡正勝】




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ