FC2ブログ

記事一覧

障害者割引制度 4月から単独で乗車も5割引 手帳所持者全て適用に 伊賀鉄道(2021年4月6日配信『いがタウンユース』)


キャプチャ
【2017年7月と18年6月に掲載したYOU紙面の記事】

 三重県の伊賀市内を走る伊賀鉄道伊賀線(16・6キロ)が、4月から単独で乗車する障害者の普通乗車券と回数券を半額に割引した。対象は中学生以上だが、身体障害者、療育、精神障害者保健福祉の各手帳を所持する全ての人が適用され、県内の鉄道事業者では伊賀鉄道と四日市あすなろう鉄道が初めてだという。



キャプチャ

4/1(木)から障がい者のお客様の運賃割引制度を拡充します

伊賀鉄道と伊賀市は、公共交通充実の観点から、令和3年4月1日(木)より、伊賀線を利用される障がい者のお客様に対する運賃割引制度を拡充します。拡充の内容は次のとおりです。

1.精神障がい者のお客様への割引を実施

 これまで割引を実施していた身体障がい者および知的障がい者のお客様に加え、精神障がい者のお客様に対しても、普通旅客運賃・定期旅客運賃および回数旅客運賃を5割引とします。ただし小児定期旅客運賃は割り引きません。

2.障がい者のお客様が単独で乗車される場合にも割引を実施

 これまで身体障がい者および知的障がい者のお客様が介護者と一緒に乗車される場合、お客様と介護者の両方に対して普通旅客運賃・回数旅客運賃を5割引としていました。
 今回、障がい者(精神障がい者を含みます)のお客様が単独で乗車される場合にも同様の割引を実施します。

(注)割引の適用条件は、障がい者手帳等の記載等級により異なります。詳しくは以下をご覧ください。

キャプチャ

拡大画像➡ここをクリック




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ