FC2ブログ

記事一覧

高齢者ワクチン、接種にあたる医師が未接種も…「不安だが消毒徹底して臨んだ」(2021年4月12日配信『読売新聞』)

 新型コロナウイルスワクチンの高齢者向け優先接種が12日に始まり、医療従事者以外の一般国民へと対象が広がった。感染が急拡大している地域では、「収束のきっかけに」と期待の声が上がった。ただ、4月の供給量は限定的で、医療従事者への接種も完了していない。接種にあたる医師からは不安も漏れた。

キャプチャ
新型コロナウイルスワクチンの接種を終え、体調に異常が起きないか、待機する高齢者ら(12日午前、東京都八王子市で)=代表撮影

 東京都では12日、対象となる65歳以上の高齢者人口が市部で最も多い八王子市で接種が始まった。接種を終えた女性(73)は「えっ、という感じで全く痛みを感じなかった。打ってもらってよかったが、これまで通り感染防止に気を付けたい」と話した。


 高齢者接種の対象は約3600万人だ。2月半ばに先行して始まった医療従事者への接種と並行して進められる。八王子市でも、診療所や薬局で働く医療従事者への接種は4月下旬以降の予定だ。未接種のまま、市内の介護老人保健施設で入所者への接種にあたった市医師会の石塚太一会長(65)は「不安はあるが、マスクや手袋を着用し、消毒を徹底して接種に臨んだ。早く医療従事者にワクチンが行き渡る仕組みを整えてほしい」と訴えた。

        ◇

 高齢者向けのワクチンがすべての市区町村に届くのは、今月26日からの週だ。それまでは限定的な供給となり、割り当て先の市区町村の多くはクラスター(感染集団)が多発する高齢者施設の入所者から接種を始める。

 岡山市北区の「岡山済生会ライフケアセンター」では午前10時から、センター内にある有料老人ホーム「なごみ苑」の全入所者34人と職員2人への接種を開始。入所者の女性(84)は「面会が制限されていたので、接種により家族と自由に会えるようになれば」と期待した。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ