FC2ブログ

記事一覧

アクサ生命、遠隔手話通訳サービスの開始(2021年4月15日配信『保険会社ニュース』)

アクサ生命保険株式会社は4月9日、同社が東京都港区白金にかまえる本社の受付において遠隔手話通訳サービスを開始することを発表した。

キャプチャ
遠隔手話通訳サービスのイメージ(大阪市)

syuwaphone_setumei.png
電話リレーサービスと遠隔手話通訳サービスのイメージ(明石市)

サービスは2021年4月12日開始予定で、白金本社受付に設置されたポスターのQRコードを顧客のスマートフォンで読みとることで利用可能となる。

サービスは同社に契約がなくとも利用可能であり、通信にかかる費用は顧客負担となるものの、サービスそのものは無料で利用可能。

同社ではサービスを通じて本社受付に来社した聴覚障がい者と受付担当との間において、スムーズなコミュニケーションをサポートしていきたいとのこと。

生保業界初の試み

アクサ生命保険株式会社は、これまでも顧客とのスムーズなやりとりのために手話や筆談でのサービスを提供してきた。
今回開始される遠隔手話通訳サービスも、スムーズなやりとりのためのサービス拡充であり、生命保険業界では初の取り組みとなる。

また、今後も筆談でのコミュニケーションを希望する顧客には、筆談での案内を継続していく。

同社では今後も利用者の意見を確認しながら、サービス内容や質のさらなる向上に取り組んでいくことはもちろん、このようなサービスを全国の支店でも展開していけるよう検討していきたいとのこと。

▼外部リンク
アクサ生命保険株式会社ニュースリリース
https://www.axa.co.jp/info/2021/0409
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アクサ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)

axa_logo.png


白金本社受付における遠隔手話通訳サービスの開始について

アクサ生命保険株式会社の本社(東京都港区白金一丁目17番3号 NBFプラチナタワー)の受付において、2021年4月12日より、QRコードを利用した“遠隔手話通訳サービス”の提供を開始いたします。

主なサービス内容は以下の通りです。


・白金本社受付に設置されたポスターのQRコードをご自身のスマートフォンで読み取って遠隔手話通訳をご利用いただけます
・白金本社受付に来社されたろう者(聴覚障がい者)のお客さまと、受付担当との間のスムーズなコミュニケーションを、遠隔手話通訳者を通じてサポートいたします
・既契約者以外でも、白金本社にご来社いただいたすべての方にご利用いただけます
・本サービスは無料でご利用いただけます(ただし、本サービスご利用時の携帯電話、スマートフォンなどの通信にかかる費用はお客さまのご負担となります)


これまでアクサ生命では、既契約者向けに「アクサ手話・筆談サービス」を提供してきましたが、今後更なるサービスの拡充として白金本社受付にて遠隔手話通訳を提供してまいります。こちらの受付サービスは生命保険業界では初の取り組みとなります。また、NBFプラチナタワーに入居するアクサグループ各社に来訪されるお客さまに対しても同様のサービスをご提供いたします。なお、筆談でのコミュニケーションをご希望のお客さまには、引き続き筆談でのご案内を継続いたします。

本サービスは、ろう者(聴覚障がい者)と聴者が互いの知識や経験を学び合うことでインクルーシブな職場をつくり、協働によって生まれる新たなアイデアを商品やサービスに生かすことを目的とした社員の自主的なネットワーク(ERG:エンプロイー・リソース・グループ)の当事者による問題提起が、導入検討の発端となりました。

今後も、ご利用者のご意見を伺いながら、サービス内容や質のさらなる向上に取り組むとともに、全国でも展開できるように、検討していきたいと考えております。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ