FC2ブログ

記事一覧

産後の精神疾患 パパも高い発症リスク(2019年8月18日配信『日本経済新聞』)

 東北大は我が子をいとしいと思えない「ボンディング障害」や産後うつについて、父親も母親と同様にリスクがあるとの研究成果を発表した。産後の母親の精神的な負担は産後うつなどが知られているが、父親の精神面への配慮も男性の育児参加や健全な親子関係の維持には不可欠だ。

キャプチャ

 生後1カ月の子を持つ父親1585人に我が子に対する気持ちを尋ね、1008人の回答を点数化して分析した。ボンディング障害のうちネグレクトにつながりかねない「情緒的絆の欠如」について、12点中4点以上を記録し高リスクだと判断された人は8.8%だった。同時に行った母親への調査では、4点以上は4.4%で、父親の方がリスクが高い傾向があった。産後うつのリスクが高い父親は11.2%、母親は14.3%だった。

 東北大大学院の西郡秀和医師は「ボンディング障害も産後うつも、母親と同等かそれ以上のリスク水準だった。行政や医療機関は父親のメンタルケアにも目を向ける必要がある」と訴えている。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ