FC2ブログ

記事一覧

昭和天皇記録 歴史検証に貴重な肉声(2019年8月21日配信『北海道新聞』ー「社説」) 

 初代宮内庁長官を務めた故田島道治が、昭和天皇との詳細なやりとりを記録した手帳やノートが見つかった。

 日本の独立回復を祝う1952年5月の式典で、昭和天皇が自らの言葉で戦争への反省を表明しようとしたが、当時の吉田茂首相らの反対で当初の文案から削除された経緯が分かる。

 昭和天皇が戦争を後悔し、反省の思いを強く持っていたことを示すものといえるだろう。

 「拝謁(はいえつ)記」と題された資料には、昭和天皇が改憲による再軍備に言及したことも記されていた。

 これに対し、田島は「天皇は国政に関する機能を有しない」とする戦後の新憲法を意識し、天皇の政治関与は許されないとして、これをいさめたという。

 公式な発言ではないとはいえ、宮内庁が編さんした「昭和天皇実録」にも記載のない内容も多く、戦争責任や象徴天皇の歴史を考えるうえで貴重な肉声といえる。

 資料には、国民が望むのであれば、昭和天皇が敗戦の責任を取って退位も辞さない意向を示す発言があった。

 戦争責任については、戦後の混乱を恐れた連合国側が、東京裁判で天皇の責任を追及しない方針を取ったことで不問に付された。

 それでも、昭和天皇は終戦の詔勅に関し、道徳上の責任を言ったつもりだと発言。退位はたやすいが、再建のために努力することが道義的責任を自覚することだとも述べている。

 退位の是非論の背景で、敗戦の責任を強く自覚していたことが確認された意味は大きい。

 一方で、28年の張作霖爆殺事件や36年の二・二六事件については、敗戦に至る禍根の発端との認識を示しつつ、軍の行動を「下剋上(げこくじょう)」と呼び、止めることは困難だったと批判に重きを置いた。

 戦争責任を巡り揺れ動く発言からは、抱えた苦悩の重さもうかがえる。しかし、天皇の戦争責任が問われなかったことには、アジア各国を中心に内外で疑問視する声があることを忘れてはならない。

 資料には政治への未練を吐露する発言もあった。象徴天皇の在り方を探っていた時期とはいえ、戦前の君主像を引きずる姿勢が明らかになったことは印象深い。

 歴史の検証には正確な資料が不可欠だ。今回の資料で、これまで語られていたことが裏付けられた意義は小さくない。一個人のメモであることに留意しつつ、検証作業を深める機会とすべきだろう。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ