FC2ブログ

記事一覧

令和の平和も法と共に 親友対談 半藤一利さん×中西進さん(2019年8月28日配信『東京新聞』)

 新元号「令和」の考案者とされる国文学者の中西進さん(90)=写真(右)=と、昭和史ノンフィクションの第一人者で作家の半藤一利さん(89)=同(左)=が戦後74年のこの夏、「令和の平和」をテーマに対談した。2人は東京大文学部国文学科の同級生。それぞれの戦争体験に始まり、青春時代、新元号「令和」などを語り合い、平和憲法の大切さを訴えた。

PK2019082802100049_size0.jpg
 対談は終戦の日の翌16日に、東京・内幸町の東京新聞で行われた。

 半藤さんは昭和20(1945)年3月10日の東京大空襲で、九死に一生を得た。中西さんは勤労動員先の東京・高田馬場の工場で空襲で亡くなった人々の遺体を目撃するなどした。

 こうした戦争体験をベースに、2人は憲法9条の平和主義(戦争放棄)の大切さに言及。中西さんは、憲法と聖徳太子の十七条憲法との類似を指摘し、憲法の平和主義は「深い深い身体的英知」だと話した。半藤さんは憲法が発表された時の喜びを振り返り、「これほど良い憲法はないと今もって思う」と語った。

 最後に令和に語り残すメッセージとして、半藤さんは「過去を顧み、深い反省の上に立って、惨禍を繰り返さないことが大事」、中西さんは「争わないという肉体感覚が大事。それをつくるべきだ」と話した。

◆対談動画







スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ