FC2ブログ

記事一覧

ドイツ兵慰霊碑100周年献花式(2019年8月31日配信『NHKニュース』ー「徳島」)

キャプチャ

キャプチャ2

キャプチャ3

キャプチャ4

キャプチャ5

キャプチャ6

 第1次世界大戦中、徳島県鳴門市にあったドイツ兵捕虜の収容所に慰霊碑が建てられてから31日で100年を迎え、記念の献花式が行われました。

 鳴門市にあった「板東俘虜収容所」は、第1次世界大戦で捕虜となったドイツ兵の収容所で、跡地には、ドイツ兵たちが四国各地の収容所で亡くなった11人の仲間を悼むために建てた慰霊碑が残されています。

 この慰霊碑が完成してちょうど100年を迎えた31日、記念の献花式が行われ、地元住民のほか、ドイツの政府関係者などおよそ120人が参列しました。

 はじめに、ドイツ総領事館のウーヴェ・メアケッター首席領事が「収容所のドイツ兵と日本人の間にはとても親切な交流があった。日独交流のシンボルとしても慰霊碑を残してほしい」とあいさつしました。

 続いて、収容所のドイツ兵たちがアジアで初めて演奏したとされるベートーベンの「第九」などを地元の子どもたちが合唱する中、参列した人たちは慰霊碑の前に白い花を供え、遠い異国の地で亡くなったドイツ兵たちの霊を慰めていました。

 式のあと、ドイツ大使館のカーステン・キーゼヴェッター大佐は「もともと敵だった人々の間にこんな友情が生まれたことは、とてもすてきなことだ。市民の皆さんがここまで慰霊碑を大事にしてくれたことに感謝したい」と話していました。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ