FC2ブログ

記事一覧

目黒女児虐待死の母親 3日初公判(2019年9月1日配信『東京新聞』)

キャプチャ
船戸優里被告

 東京都目黒区で2018年3月、両親に虐待された船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5つ)=が死亡した事件で、保護責任者遺棄致死の罪で起訴された母親の優里(ゆり)被告(27)の裁判員裁判の初公判が9月3日、東京地裁で開かれる。虐待の実態について法廷で何を語るか注目される。

 起訴状によると、優里被告と夫の雄大被告(34)は、2018年1月下旬ごろから結愛ちゃんに十分な食事を与えず、2月下旬ごろには雄大被告による暴行で極度に衰弱していたのに、虐待の発覚を恐れて病院に連れて行かず、3月2日、肺炎による敗血症で死亡させたとされる。

 捜査関係者によると、結愛ちゃんの体重は死亡時、同年代平均の約20キロを大幅に下回る約12キロだったという。

 結愛ちゃんは雄大被告の実子ではなく、昨年1月まで暮らしていた香川県の児童相談所に2回、一時保護された。しかし、転居後に香川の児相からの引き継ぎが十分に行われず、東京都の児相が結愛ちゃんに接触できないまま事件は起きた。

 事件を受け、親による子どもへの体罰禁止や児相の連携強化などが盛り込まれた改正児童虐待防止関連法が2019年6月、成立した。

 事件で、保護責任者遺棄致死罪などで起訴された雄大被告の裁判員裁判は10月1日に初公判がある予定。雄大被告は結愛ちゃんにシャワーで冷水をかけ、顔を多数回殴ったとする傷害罪でも起訴されている。



「なぜ守らなかったか真実話して」目黒女児虐待死 住民「気づいてあげられず」(2019年9月1日配信『東京新聞』)

キャプチャ2
船戸優里、雄大両被告と結愛ちゃんが暮らしていたアパート=東京都目黒区で

 「パパ ママ もうおねがい ゆるして ゆるしてください」。親に許しを請う文章をノートに残し、わずか五歳で亡くなった船戸結愛ちゃん。事件発覚からちょうど一年半となる3日、母親の優里被告の裁判員裁判が始まる。近隣住民からは、なぜ虐待死が起きたのか、公判での真相究明を望む声が聞かれた。

キャプチャ3
発表会でお遊戯をする船戸結愛ちゃん=提供写真

 8月下旬、一家が暮らしていた東京都目黒区のアパートは人けがなく、静まり返っていた。

 「ここでひどい虐待があったなんて…。全く気づいてあげられなかった」。近所の主婦(66)は部屋を見上げ、悔しそうに話した。

 継父の雄大被告から「しつけ」と称して殴られ、暖房や室内灯のない部屋で生活させられていたとされる結愛ちゃん。主婦は「お母さん(優里被告)には子どもを守ってもらいたかった。なぜ守らなかったのか、それともできなかったのか。法廷で本当のことを説明してほしい」と求めた。

 子育て中の主婦(40)は「自分がやっていることがしつけなのか虐待なのか、悩むことはある。優里被告がどのような思いだったのか知りたい」とつぶやいた。

 近くの男性(82)によると、事件直後のアパート前は、花やお菓子などの供え物が絶えなかったというが、今はひっそり。男性は「事件を忘れてほしくない」とした上でノートの記述に触れ、「どんな気持ちだったのかと思うと、いたたまれない。虐待で苦しむ子どもが少しでも減るよう、公判ではしっかりと原因究明をしてほしい」と願った。

キャプチャ4

事件の詳細は➡ここをクリック(タップ)




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ