FC2ブログ

記事一覧

がんと24時間向き合って 長野でウォークイベント(2019年9月6日配信『朝日新聞』)

70503213_2504553802935836_585302874490142720_n.jpg

 がん征圧とがん患者支援のためのチャリティーイベント「リレー・フォー・ライフ・ジャパン」(実行委員会、日本対がん協会主催)が7、8日に松本市で、14、15日に長野市でそれぞれ開かれる。

 世界的な取り組みで、1985年、米国人外科医が「がん患者は24時間がんと向き合っている」というメッセージを掲げながら競技トラックを24時間走り続け、募金を呼びかけたのが始まり。イベントでは、職場や学校、家族、友人たちでチームを組み、フラッグやのぼりをつなぎながら夜通し歩き続ける「24時間リレーウォーク」を実施する。このほか、ステージや広場では取り組みを応援する多くの催しがある。

 松本市の会場は、やまびこドーム。がん医療専門医による講演会とトークショーも開かれる。

 長野市の会場は、篠ノ井中央公園。ステージでは寄付金の使い方を語るトークセッションや研修医、看護学生ら若い世代からのメッセージを伝えるイベントがある。

 両会場とも当日参加可。詳しくはホームページで。「リレー・フォー・ライフ・ジャパン信州まつもと」「リレー・フォー・ライフ信州長野」で検索する。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ