FC2ブログ

記事一覧

人工呼吸器付けて地域で生きる 映画上映と講演会

キャプチャ
来場を呼びかける内田由佳さん=徳島市蔵本町2丁目

 人工呼吸器を使う障害者が地域で生きる姿を追ったドキュメンタリー映画「風よ吹け!未来はここに!!」の上映会が15日、徳島市蔵本町2丁目の徳島大学病院で開かれる。障害者と家族による講演会もある。

 映画は、呼吸器使用者と家族の全国組織「バクバクの会」の子ども3人が友達と同じように保育園や小学校に通ったり、30代の3人が地域で自立した生活をしたりしている姿を描く。

 講演会には、いずれも同会の会員で、映画にも登場する広島市の中島環さん(7)ら小学生2人と、特別支援学校に通う阿波市の細川彩姫さんと家族らが参加する。催しを企画した、筋ジストロフィーで呼吸器を使う自立生活センターとくしまの内田由佳さん(37)=徳島市=も加わる。

 内田さんは「人工呼吸器をつけていても、普通の学校に通い、地域で暮らしていけることを知ってもらいたい」と話している。

 同病院西病棟11階の日亜メディカルホールで午後2時~4時45分。入場無料、定員80人。問い合わせは自立生活センターとくしま(050・5896・8794

人工呼吸器をつけて暮らす子どもたちがいます。
保育園に通う環くん。小学校に通う康裕くんと綾乃さん。
大人になって自立生活をしている歩さん、彩さん、涼さん。
子どもたちの思いはいつの時代も同じです。
「学校が好き、友だちが好き」「友だちと一緒に遊びたい」「友だちと一緒に学校に通いたい」
いつも人工呼吸器を携えて、自らの人生を楽しむ子どもたちの姿を知ってください。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
人工呼吸器を使いながら暮らす子どもたちと家族、友人や支援者の皆さんの声が、
こころにじんじん響いてきます。
たくさんの方にご覧いただきたい作品です。
DVDの上映を希望される方は、ぜひ「バクバクの会」さんへお問合せください。


「バクバクの会」➡ここをクリック(タップ)



キャプチャ2
キャプチャ3

image (1)




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ