FC2ブログ

記事一覧

〈親は刃(やいば)をにぎらせて/人を殺せとおしえしや〉(2019年9月23日配信『神戸新聞』ー「正平調」)

キャプチャ

 〈親は刃(やいば)をにぎらせて/人を殺せとおしえしや〉…。日露戦争への反戦詩「君死にたまふことなかれ」で、与謝野晶子はこう叫んだ。親があなたに刃物を握らせ、人を殺せと教えましたか、と

◆しかし親は教えなくとも、戦時下では国家がそれを教えるのだ。姫路市香寺町の日本玩具博物館で開催中の「太平洋戦争とおもちゃ」展(10月14日まで)を見ると、その残酷な教育がいかに巧妙に行われたかが分かる

◆日本が戦争に突き進んだ昭和10年代、少年たちに与えられたのはブリキの戦車や大砲、サーベルだった。それらは今見ても驚くほど精巧で、かっこいい

◆すごろくの上がりは日本の勝利であり、かるたの読み札は「乃木大将ハ シンノブシ」。手のひら大の鉄かぶともあり、こんな小さな頭に戦争賛美を刷り込んでいったのかとあきれる

◆「決して過去のことではありません」。学芸員の原田悠里さんは警告する。世界中に争いは絶えず、さまざまな対立をあおる言説は国内にもあふれている。子どもたちに今、何を手渡せばよいのだろう

◆親は子に、刃ならぬスマホを握らせ、そこへ暴力的な動画を紛れ込ませる大人もいるという。いやな時代だ。もちろん、親が自らわが子を手に掛けることなど決してあるなかれ、と祈る。



1afa123f05fa115cb5797fcef0f5cbe8.jpg

2dbffbfb8f12c4a6b72bf4ee392ed200.jpg

51c71a776b433d72999f62705c515b47.jpg

キャプチャ

AS20190806002025_comm.jpg

キャプチャ2

キャプチャ3

キャプチャ4

キャプチャ5




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ