FC2ブログ

記事一覧

しゅわっと君すごい 手話甲子園で展示、来場者感心(2019年9月30日配信『大阪日日新聞』)

 鳥取市で29日に開催された「第6回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の会場で、追手門学院大手前中学・高校(大阪市中央区)の生徒が製作した手話ロボット「しゅわっと君」が展示された。

IP190929TAN000144000_00.jpg
生徒の説明を受け、手話ロボットを操作する子どもたち=29日、鳥取市のとりぎん文化会館

 聞こえる人と聞こえない人の意思疎通を目的に生徒らが約8カ月かけ製作。備え付けのタブレットで音声を認識し、信号を受け取ったロボットが指を動かして指文字をつくる。

 同校のロボットサイエンス部の3人が会場で実演し、仕組みや使い方を説明。来場者は実際にロボットに声を掛け、言葉が指文字に変換される過程を体験し、驚いた様子だった。

 同高2年の辰巳瑛さん(16)は「実演を通してロボットの可能性を知ってもらいたい。今後も障害のある方を少しでも助けられるようにより努力したい」と意気込んだ。同学院の福田哲也室長(53)は「生徒や来場者も手話を身近に感じてもらえるきっかけになれば」と話した。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ