FC2ブログ

記事一覧

視覚障害男性 電車にはねられ死亡 ブラインドサッカー元代表(2019年10月4日配信『東京新聞』)

 2日午後7時15分ごろ、東京都新宿区のJR新宿駅で、視覚障害がある会社役員石井宏幸さん(47)=豊島区巣鴨一=が、山手線外回り電車にはねられ死亡した。警視庁新宿署などによると、石井さんは視覚障害者と健常者の共生を目指すイベント企画会社の代表で、ホーム転落事故を防ぐ活動にも取り組んでいた。

 署によると、石井さんはホーム最前列に立ち、電車が入ってくる前に自ら線路に降り、横たわったように見えたと複数の目撃者が話している。近くには白杖(はくじょう)が落ちていた。署は自殺と事故の両面で調べている。

 石井さんはブラインドサッカー元日本代表選手で、2004年から8年間、NPO法人日本ブラインドサッカー協会副理事長も務めた。協会の松崎英吾事務局長は「大変な熱意のある人で、既存の枠組みにとらわれないアイデアマンでした」とコメントした。

 1日には葛飾区の京成押上線京成立石駅で白杖を使っていた視覚障害者の女性(66)がホームから転落し、電車と接触して死亡する事故があったばかりだった。

◆救出中スマホ撮影 駅員が客に注意

 JR東日本によると、石井さんの救出活動中、現場をブルーシートで覆っていたが、スマートフォンで隙間から撮影しようとする利用客がいたため、駅員が「モラルに沿った行動をしてください。撮影はやめてください」とアナウンスで呼び掛けたという。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ