FC2ブログ

記事一覧

自民会派、異論押し切り喫煙所設置決定 道議会新庁舎内に(2019年10月4日配信『北海道新聞』)


キャプチャ
建設中の道議会新庁舎

 道議会最大会派の自民党・道民会議(53人)は4日の議員総会で、来年1月完成の新しい道議会庁舎の会派控室に喫煙所を設けることを決めた。喫煙所設置には議会の内外から異論が出ており、世論のさらなる反発は必至の情勢だ。

 自民会派は7月にいったん喫煙所の設置方針を決めたが、会派内の異論や鈴木直道知事の「税金で造るのは難しい」という発言などを受け、意見集約を図るため所属議員のアンケートを実施した。結果は庁舎内の喫煙所設置に賛成が31人で、反対の18人を上回った。

 改正健康増進法の一部施行で7月から全国の行政機関が敷地内禁煙となったが、道議会は「議決機関」だとして対象から除外された。道議会への喫煙所設置は、自民党の支持団体である北海道医師会の長瀬清会長が猛反発し、市民団体なども批判を強めている。



反対押し切り議会庁舎内に喫煙所 北海道、JTが寄贈へ(2019年10月4日配信『朝日新聞』)

キャプチャ
自民党会派として喫煙所設置を決めたことを報道陣に説明する佐々木俊雄・議員会長=2019年10月4日午後1時36分、北海道議会庁舎

キャプチャ3
北海道議会新庁舎の完全禁煙を求めて記者会見する長瀬清・北海道医師会長(左)と松崎道幸・日本禁煙学会北海道支部長=北海道庁

キャプチャ2
現在の北海道議会内の傍聴者控室の一角に設けられている喫煙所。換気扇などの設備は備えられているが、たばこの臭いは喫煙所外も含め、部屋全体に漂っている=北海道議会庁舎

 北海道議会の最大会派、自民党・道民会議は4日、建設中の北海道議会新庁舎に喫煙所を設置することを決めた。設置に反対する会派内の北海道議や北海道医師会の反対を押し切った。喫煙所を巡っては、鈴木直道知事が税金による設置に難色を示しており、日本たばこ産業(JT)から寄贈を受ける。

 同会派の佐々木俊雄議員会長(函館市)が決断し、議員から異論が出なかった。佐々木氏は喫煙者だ。

 非公開の議員総会後、佐々木会長は報道陣に「いろんな意見がある中で自民党として一つにまとまらなきゃならない。現時点でたばこを吸っている議員に『すぐやめれ』と言うのは難しい。将来の全面禁煙に向けた一里塚として、会長として分煙を決断した」と語った。

 受動喫煙の防止をめざす改正健康増進法は7月1日、一部施行され、全国の学校や病院、行政機関の敷地内が原則禁煙となった。



道議会自民党 喫煙室設置を決定(2019年10月4日配信『NHKニュース』ー「北海道」)

キャプチャ

キャプチャ2

キャプチャ3

キャプチャ4

キャプチャ5

キャプチャ6

キャプチャ7

キャプチャ8

キャプチャ9

 道議会の自民党会派は議員総会で道議会新庁舎に入る議員控え室に喫煙室を設置することを決めました。今後、喫煙室を無償提供すると申し出ているたばこ会社と協議を進め、具体的な設置方法を検討することにしています。

 道議会最大の自民党会派は4日、議員総会を開き、来年1月に完成する道議会新庁舎への喫煙室設置について協議しました。
その結果、一部の議員は、「設置すべきでないという少数意見を尊重すべきだ」と反対したものの、対応を会長に一任し、会派の議員控え室に喫煙室を設置することを決めました。

 喫煙室設置を巡っては、去年7月にいったんは設置方針を決めたものの、一部議員からの反発を受け再検討を進め、所属議員のアンケートでは6割が設置に賛成する意見を示していました。

 自民党会派は今後、喫煙室を無償で提供すると申し出ているJT=日本たばこ産業と協議を進め、具体的な設置方法を検討することにしています。

 会合のあと自民党会派の佐々木俊雄会長は記者団に対し、「たばこのない世界が理想だが、吸っている人にすぐにやめろというのは難しい。最終的には禁煙を目指すが、現時点では分煙という決断をした」と述べました。

 一方、設置に反対してきた自民党会派の藤沢澄雄議員は記者団に対し、「非常に残念だが、これ以上先延ばしにできないという中で会派としての決定には従うしかない。道民からの批判は免れない」と述べました。

【医師会長「暴挙に等しい」】

 北海道医師会の長瀬清会長はNHKの取材に対し、「良識ある判断を期待していたがこの結果は暴挙に等しく、がっかりしている。これからも医療関係者を巻き込んで反対運動を行っていく」と述べました。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ