FC2ブログ

記事一覧

重度障害者 社会参加へ必要な介助を(2019年10月11日配信『しんぶん赤旗』)

れいわ主催集会 制度改善訴え

20191010atG5S_p.jpg
集会に出席したれいわ新選組の舩後靖彦(左)、木村英子両参院議員=10日午後、参院議員会館(2019年10月11日配信『時事通信』)

2019101115_01_1.jpg
全国から多くの障害者らが参加した集会=10日、国会内

 重度障害者が介助をつけて社会参加できるよう求めた集会が10日、国会内で開かれました。全国から障害者らが参加。同行援護や行動援護、重度訪問介護や移動支援といった移動時に必要な障害福祉サービスを必要に応じて使えるよう訴えました。主催は、れいわ新選組の木村英子、舩後靖彦両参院議員。

 両議員とも重度障害があり、介助が欠かせません。障害者総合支援法に基づく福祉サービスは、通学・通勤、経済的活動に就いているときは使えません。両議員の活動については現在、参院が費用負担しています。

 舩後氏があいさつし、「常時介助が必要な人が自分の望む社会生活を送れるよう制度改善をすすめたい」と述べました。
 木村氏は、重度障害者が常時介助をつけられる仕組みを求めてきた運動史を語り、「社会参加のための保障を実現したい」と強調しました。

 22の団体・個人が介助を利用した通勤、就労などの必要性を訴えました。「国会中継には生字幕がつくようになったが、委員会の審議にはついていない」(聴覚障害者団体)、「重度訪問介護を24時間使い、1人暮らしを始めて自傷他害がなくなった」(知的障害者)、「通勤介助が使えないため一般就労できなかった」(筋ジストロフィー患者)。

 各党国会議員が参加。日本共産党からは、田村貴昭衆院議員と田村智子、倉林明子両参院議員があいさつしました。厚生労働省の担当課長も参加しました。



介助をつけての社会参加を実現するための院内集会 ~障害者の完全参加と平等にむけて~
2019/9/17 2019/9/20 障害者総合支援法
日時: 10月10日(木)14時~16時(開場13時30分)
場所: 参議院議員会館講堂
主催: 舩後靖彦・木村英子

 私たち舩後靖彦と木村英子は、参議院議員当選以来、多くの皆様のご支援を受けて、議員活動を行っています。とりわけ、参議院のご努力、日本障害者フォーラムをはじめとする障害者団体の皆さんの応援に日々勇気をいただいています。
私たちは、介助(重度訪問介護)を受けながら議員活動ができるよう、求めてきました。しかし、厚生労働省がこれを認めないため、私たちの介助費用については、当面国会への登院中は、参議院が負担するということになりました。
 議員活動をはじめとする政治参加は、就労、就学などと同様に、社会参加の一環です。すべての介助の必要な障害者が社会生活を送るためには、介助を受けながらの社会参加が必要なのです。障害者基本法においては、「国及び地方公共団体」が「障害者の自立及び社会参加の支援等のための施策を総合的かつ計画的に実施する責務を有する」ことを規定しています。障害者総合支援法では、日常生活だけでなく社会生活を営むために障害福祉があることを規定しています。
 それにも拘わらず厚労省は、2006年9月29日に発出した告示第五百二十三号の中の、外出にかかわる介助についてのカッコ書きの中で、「通勤、営業活動等の経済活動に係る外出、通年かつ長期にわたる外出及び社会通念上適当でない外出を除く」として、就労や就学、通所のための介助も含めて、多くの社会参加への介助を認めない政策を行っています。法治国家の在り方としても、大きな問題です。
 多くの障害者団体が長年にわたり、この方針の撤回を求めてきました。私たちは、国会議員として、この政策を改正させ、介助を受けながらの社会参加を実現して行きたいと考えております。また、厚労省が地域間格差を放置している結果、介助を十分に受けることができず、生活や生命さえ危険にさらされている状況があります。こうした状況は、一刻も早く改善しなければなりません。他方、社会参加や社会生活を支える規定のない介護保険制度に、障害者の制度を統合しようとする動きもあり、私たちは強い危機感をもっております。
 つきましては、10月10日にお集まりいただき、皆様のご意見、ご経験を聞かせていただければと考えております。皆様と力を合わせて、制度の改善を進める所存です。
<お問い合わせ>
木村英子事務所 03-6550-0314
藤木 080-1238-5846
後藤 090-2541-9964
れいわ新選組 舩後靖彦・木村英子




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ