FC2ブログ

記事一覧

大川小訴訟 上告棄却/学校の安全改めて検証を(2019年10月12日配信『河北新報』ー「社説」)

 最も安全な学校にいたはずなのに、なぜ子どもたちは犠牲になったのか-。それは学校や教育委員会の事前防災に不備、誤りがあったからだ。最高裁がそう認めた。

 東日本大震災の津波で死亡・行方不明になった石巻市大川小の児童23人の19遺族が市と宮城県に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷は市と県の上告を退ける決定をした。事前防災の不備を認め、市と県に約14億3610万円の支払いを命じた二審仙台高裁判決が確定する。

 災害が起きる前の時点で適切な対応や準備をしていたのか。学校の事前防災を巡り、法的責任を認めた判決が最高裁で確定するのは初めてだ。全国の学校現場は改めて、安全管理について踏み込んだ検証が迫られよう。

 最高裁決定は重く、市と県は真摯(しんし)に受け止めなければならない。特に市側は、二審判決で指摘された誤りを深く反省する必要がある。

 また市側は、上告断念を求める遺族や市民の声に背を向け、上告を判断した。法解釈に不服があったにせよ、その責任も問われることになるだろう。

 昨年4月の二審判決は、学校側が危機管理マニュアルに津波の避難場所や経路を定めず、市教委も内容の確認や不備の是正を怠ったとして、組織的過失を認定した。マニュアルに避難場所などを定めていれば、津波を回避できたと認めている。市が作ったハザードマップについても、学校を避難場所としたのは誤りだったと指摘した。

 二審判決は、2009年4月施行の学校保健安全法に基づき、子どもの命や身体の安全確保は学校と教育委員会の根本的義務だとし、それぞれに法的な責務を示した点で意義深い。「子どもの命を守る」ことを強く要請した判決だったと言っていい。

 二審判決が出た際には、「教育現場に過度の要求をしている」という戸惑いの声も聞かれた。だが、子どもを集団で預かる学校が、極めて高度な安全配慮義務を課されるのは当然だろう。

 教育関係者は一人一人の命を預かる重い責務を自覚し、司法が求める水準と現実に乖離(かいり)があるのならば、行政はその溝を埋めるべく環境整備を急がなくてはなるまい。

 危機管理マニュアルは学校保健安全法で、全ての学校に策定が義務付けられた。大川小事故を受け、マニュアルの見直しや防災教育の充実が各地で進んでいる。

 だが、その内容が学校と地域の実情を反映しているのか、改めて検証してほしい。各学校が置かれた状況とリスクを把握し、あらゆる想定を踏まえた対策が欠かせない。

 児童74人、教職員10人が犠牲になった大川小事故が提起した問題は、決して人ごとではない。「わがこと」として受け止め、安全な学校づくりを目指したい。



天使の仕事(2019年10月12日配信『河北新報』ー「河北春秋」)

 泣いたり、笑ったり、悩んだり…。ドイツで活躍した画家パウル・クレーが描いた天使は実に表情豊か。まるで地上で暮らす子どものように見える。落書きのような表現が楽しい

▼クレーが天使を多く描いたのは、ナチスの弾圧で故郷のスイスに亡命し難病の療養中だった最晩年。死期が迫った彼の目にはどんな天使が映ったのか

▼中原憬さんという方のブログで『天使の仕事』の物語を読んだ。「その子が事故や災害や病気で夭折(ようせつ)したのは、生まれる前に神様と相談して決めたこと。同じ目に遭う子が少しでも減るように。事故の予防や減災方法が開発されたりするように。同じ悲しい思いをする親がもう出ないように。それは天使の仕事です」

その子が事故や災害や病気などで夭折したのは、
あの世で生まれる前にすべて神さまと相談して決めたこと。

それは、この世で同じ目に遭う子どもが少しでも減るように。
病気の治療法の研究が少しでも進んだり、
事故の予防や減災方法が開発されたりするように。
同じ悲しい思いをする子どもの親たちが、もう出ないように。

そして、あなたとどれだけ深い愛情でつながっていたかを周囲が知ることで、
この世の親たちの我が子への慈しみと愛情が深まるように。

その子は、そんな役割を神さまと約束してきたのかも知れません。
それは、天使の仕事なのです。

物語「天使の仕事」➡ここをクリック(タップ)


▼東日本大震災の津波の犠牲になった石巻市大川小の児童たちも天使の仕事をしたのだろうか。遺族が市と宮城県に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁は市と県の上告を退け、市と県に賠償を命じた二審判決が確定した

▼訴訟によって学校に高度な防災対策が求められるようになった。それは「天使」たちのおかげといえる。詩人谷川俊太郎さんは
物語「天使の仕事」』で「想像力がなければ天使の姿は見えない」と書いた。目を閉じ、亡くなった児童に思いをはせる。そうすれば天使の姿が見えるかもしれない。



415DKJ9HVJL.jpg

内容紹介
45点の絵と18編の詩が奏でる二重奏
響きあう絵とことばの贈りもの
目覚めておいで、心にひそむ天使たち
前作『クレーの絵本』に続く待望の書き下ろし

内容(「MARC」データベースより)
クレーの描いたギリシャの神々のように人間的な天使たちを主題に、谷川俊太郎が短詩をつけた詩画集。45点の絵と18編の詩が奏でる二重奏で、心にひそむ天使たちが目覚める。

アマゾン➡ここをクリック(タップ)



スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ