FC2ブログ

記事一覧

柔らかい頭(2019年10月17日配信『北海道新聞』ー「卓上四季」)

 阪神大震災で被災しながら、神戸市で医療活動を続けた精神科医の中井久夫さんは、その経験や教訓を「災害がほんとうに襲った時」に記した。修羅場で有効な仕事をした人は、自分で最良と思う行動を自己の責任で行い、指示を待った者は何もできなかったそうだ

▼役所の中でも規律を墨守する者と現場のニーズに応えようとする者の暗闘があり、「災害においては柔かい頭はますます柔かく、硬い頭はますます硬くなる」と結論づけている

▼東京・台東区で、台風19号の自主避難所に避難しようとした路上生活者3人を、区職員が断り、区長が謝罪に追い込まれた。人命よりも、区民かどうかを優先するとは、石頭、しゃくし定規にもほどがあろう

▼中井さんは、「ホームレスを取り締まれ」という声に、神戸市が「そういう人が少しはおられるのが街というものではないでしょうか」と答えたことも紹介している。行政の柔軟な対応と、全国から集まったボランティアが被災者を支えたと言えよう

▼東日本の広域で発生した水害により、多数の住民が避難を余儀なくされた。住居の浸水に加え、停電、断水などで避難所生活が長引く恐れがある。被災地で救助やケアに当たる人も、多くは被災している

▼冬を前に大災害に見舞われた不安を、私たち道民は実感できるはずだ。被災者を孤立させぬよう、民間でも行政でも、何ができるか考えたい。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ