FC2ブログ

記事一覧

「長いこと世話になったな」(2019年10月20日配信『東京新聞』-「筆洗」)

 白鳥は死の間際に最も美しい声で鳴く。西洋で古代から語り継がれる「白鳥の歌」の伝説である。辞世や絶筆、生前最後の言葉の例えとして、文芸などの世界で使われてきた

▼論語の中にも似た一節がある。「鳥のまさに死なんとする、その鳴くや哀(かな)し。ひとのまさに死なんとする、その言や善し」。死に臨んだときに口にする言葉は、純粋で真実に満ちている

▼その方の哀しい最後の言葉も、短い中に多くの思いが満ちていよう。「長いこと世話になったな」。台風19号が上陸した夜、迫り来る水の中にいた福島県いわき市の86歳、関根治さんである。ベッドの上に逃げていた妻にそう告げると、力尽きて、沈んでいったのだと、先日報じられていた

▼足腰が不自由だったそうである。死を悟ったときに、口をついた言葉であったのだろう。その方の厚い情を思い、身内ならずとも、喪失の無念を覚える

▼台風19号の上陸から昨日で1週間が過ぎた。いまなお被害の全容がみえたとは言いがたい。遺族の深い悲しみが、助けられなかった無念とともに多く報じられている

▼あの切迫した時間の中で、犠牲になった方々と最後の言葉を交わせなかった人が大半であろう。復旧作業を急ぐ被災地に無情の雨が降った。聞くことがかなわなかった大切な人の最後の言葉は何だったか。問いかけて、心の耳を澄ます人も多いのではないか。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ