FC2ブログ

記事一覧

文科大臣を担うのに疑問符が付く2019年10月31日配信『デイリー東北』ー「天鐘」)

 「身の丈」の元々の意味は、背の高さ。転じて自分や組織の経済力などにも例えられる。大きな買い物をする際は「身の丈に合わせて」選ぶ。ただし、この言葉は自分に使う。他人に言われる筋合いのものではない

▼背丈は努力で変えられないし、家庭の財力も未成年にはどうにもならない。この人は一体、どういうつもりで言ったのか。大学入学共通テストに導入される英語の民間検定試験を巡る、荻生田文部科学相の発言である

▼「身の丈に合わせて頑張ってもらえれば」。言われた受験生は、困惑を通り越して将来を狭められるような気持ちになるだろう。家が裕福でないと英語の試験は不利なの? と

▼数種類の検定から受験した成績が志望大学の判定に使われるというが、検定料は高く、実施会場も都市部に偏在する。格差が懸念される制度を推し進めようとする手法に、反発と批判が上がるのは当然のこと

▼教育基本法にある「教育の機会均等」を分かっていたら、あり得ない物言いだ。荻生田氏は撤回し謝罪したが、それで幕引きされる問題ではない。地域や家庭で、それぞれ事情が異なるのを想像できなかったとすれば、文科大臣を担うのに疑問符が付く

▼新制度自体への不信感はますます増大している。教育行政が受験生に不公平感と不安を抱かせることがあってはならない。誰のための制度なのか。見切り発車などもっての外だ。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ