FC2ブログ

記事一覧

「蛍雪の功」の精神2019年10月31日配信『新潟日報』ー「日報抄」)

 ♪蛍の光/窓の雪-と歌われる「蛍雪の功」の故事は、上越市出身の小山作之助が作曲した「夏は来ぬ」にも登場する。3番で♪窓近く/蛍飛びかい/おこたり諫(いさ)むる-と勉学を怠けることを戒める。歌詞にも使われるほど広く知られた故事だった

▼貧しくとも努力して学問を積めば道は開ける。そんな教えは、すっかり薄れてしまったのか。家計に余裕があるかどうかで学力に差が出る教育格差の存在が指摘されて久しい

▼経済的に厳しい家庭では、塾通いや参考書の購入は大きな負担となる。のみならず、入試そのものにも家計の状況が影響しかねないという声が上がっている。2020年度に始まる大学入学共通テストで導入される英語民間検定試験のことだ

▼マークシート方式では出題が難しい「書く」「話す」といった力を測るためとして、英検など7種類から最大2回受けられる。共通テストとは別に検定料が必要で、試験によっては1回2万5千円余りかかる。本番以前に練習として受けることもできるが、検定料がかさむ。試験会場も限られそうで、遠隔地からは交通費の負担も生じる

▼経済的に恵まれない。地方で暮らす。それがハンディになりかねない。なのに萩生田光一文部科学相に言わせれば「身の丈に合わせて頑張って」だそうだ。発言を撤回したとはいえ、入試の格差を容認するような姿勢が透けてみえる

▼「蛍雪の功」の精神がこの国を支えてきたのではなかったか。入試に用いる共通IDの申請はあす始まる。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ