FC2ブログ

記事一覧

ヘルプマーク(2019年11月4日配信『茨城新聞』ー「【いばらき春秋」)

 電車やバスの中で席を譲るのも譲られるのも意外と難しいものだ。外見は健康そうに見えても、疲れやすい人や、つり革につかまり続けることが難しい人がいても、なかなか気付かない。逆に、一見健康そうな人が優先席に座っていると白い目で見られてしまう

▼自らの体の状態をいちいち言葉で伝えるのはなかなか難しい。座りたくても言い出しにくい人もいる。そんなときに「ヘルプマーク」があれば、席を譲る方も譲られる方も気持ちよくいられるだろう

▼ヘルプマークは東京都が始めた取り組みで、名刺大の樹脂製の赤いカードに白抜きでハートと十字が描かれている

▼義足や人工関節を使っている人、内部障害や難病の人、妊娠初期の女性など、外見だけでは援助が必要かどうか分からない人がこのカードを身に着け、援助を受けられやすいようにする仕組みだ

▼少しずつ全国に広まり、県内でも本年度から県庁のほか各市町村の福祉課で配布している。ただ、まだまだ認知度が低いのが悩みで、県の担当者は「ヘルプマークを下げている人がいたら支援を受けられるよう広報活動をしたい」と力を込める

▼善意に頼るヘルプマークに出合ったら静かに声を掛けたい。「どうぞ、お座りください」 




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ