FC2ブログ

記事一覧

れいわ木村氏「車いすに対応できるトイレを」国会初質問(2019年11月5日配信『朝日新聞』)

キャプチャ

キャプチャ3
参院国土交通委で初めての質問をするれいわ新選組の木村英子氏=2019年11月5日午後

キャプチャ2
参院国土交通委での初質問を終え、報道陣の質問に答えるれいわ新選組の木村英子氏=2019年11月5日午

 「障害者の立場から質問させていただく」

 今年夏の参院選で初当選したれいわ新選組の木村英子氏は5日、国会で初めての質問でそう切り出した。重度障害のある当事者として訴え、政府に要求したのはどのような内容だったのか――。

念のため代読準備するも自ら質問

 参院の委員会室であった国土交通委員会。木村氏は車椅子に座り、両脇の秘書と介助者の2人の手伝いを受けながら、質問文を読み上げた。質問はすべて自分で練り上げ、分かりやすい言葉を使うように努めたという。

 介助者は、ボトル入りの飲み物を用意。木村氏が万が一、たんが詰まって声が出なくなった場合は秘書による「代読」まで事前に認められていた。参院事務局によると「議員以外の人が代読した例はない」。この日は代読の場面はなく、木村氏自身がすべて質問した。

 質問ではまず、最近の台風被害などを挙げ、「避難所に行っても車椅子トイレがない」という介助者の声を紹介。「災害時の障害者への対応は、一向に進んでいない」と訴えた。

 さらに、赤羽一嘉国土交通相に対し、駅などの公共施設のトイレについて質問。「車椅子用トイレと言われた時代は一般の方が利用することはほとんどなかった。しかし、多機能トイレと呼ばれるようになって多くの方が使えるようになった結果、車椅子の人が使えなくて困ってしまっている」と指摘した。

 そのうえで、来年の東京五輪・パラリンピックに向け、こう要望した。「障害者の方がたくさん来て、トイレが混雑する。車椅子に対応できるトイレの設置を早急に推し進めてほしい」。赤羽氏は「ニーズに合わせた機能分散を推奨し始めたところだ」と前向きに応じ、さらには「バリアフリーが当たり前のような共生社会をどう作るのかという視点で、やっていかなければいけない」と答えた。

障害者団体代表も傍聴「当事者目線、感動した」

 そんな木村氏の質疑を、委員会室の傍聴席では、障害者団体の人たちが見守った。団体代表の今福義明さんは委員会後、記者団に「すごく感動した。障害当事者目線であれほどきっちりと多機能トイレのニーズを伝えたのは、初めてではないか」。当事者ならではの質問だと、興奮気味に語った。

 れいわからは今年夏の参院選で、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の舩後靖彦氏も初当選している。舩後氏も近く、国会で質問する予定だ。
     ◇
 第200回臨時国会。国会論戦や各党の動きなど、政治家たちの様子を「国会ひとコマ」としてお伝えします。



れいわ木村参院議員が初質疑 避難所に障害者用トイレ増設訴え(2019年11月5日配信『NHKニュース』)

K10012165311_1911051923_1911051935_01_02.jpg

 重度の障害がある、れいわ新選組の木村英子参議院議員が参議院国土交通委員会で初めての質疑に臨み、災害時に避難所となる施設に、車いすを使った障害者が利用できるトイレを増やすよう求めました。

 夏の参議院選挙で初当選した木村議員は5日、参議院国土交通委員会で初めての質疑に臨み、大型の車いすで着席できるよう改修された自席から、公共施設のバリアフリー化などについて政府に見解をただしました。

 木村氏は体調によっては声が出しにくい場合もあることから、質疑では口元まで動かせる持ち運び式の専用のマイクが使われたほか、秘書と介助者が両側について、手元の資料をめくったり代わりに挙手をしたりしてサポートしました。

 そして、木村氏が災害時に避難所となる施設に車いすを使った障害者が利用できるトイレを増やすよう求めると、赤羽国土交通大臣は前向きに検討する考えを示しました。

 初めての質疑を終えた木村氏は、記者団に対し「障害者の現状を分かりやすく伝えるために悩みながら質問を考えた。私自身、トイレの問題をずっと抱えながら生きてきたので、早急に改善してもらいたい」と述べました。

自民 森山国対委員長「非常にいいこと」
 自民党の森山国会対策委員長は、記者会見で「重度の障害のある議員が国会で質問するのは非常にいいことだ。新しいマイクも整備され、いい質疑が行われたと聞いた。国会では国民の選択を受けた者が質問する権利を有するので、大事にしていかなければならない」と述べました。

自民 岸田政調会長「国会の議論に厚み」
 自民党の岸田政務調査会長は、記者会見で「さまざまな立場の人が多様な議論を展開することは、国会の議論に厚みを持たせるという点からも意義がある。バリアフリーの推進は重要で、共生社会の実現のため、一層努力していかなければならない」と述べました。

共産 志位委員長「大きな前進」
 共産党の志位委員長は、記者会見で「重い障害のある方が国会の一員となり、質疑を行うこと自体が日本の民主主義にとって大きな前進だ。障害者に対する施策を前進していくうえでも大きな契機になる」と述べました。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ