FC2ブログ

記事一覧

まきを背負い、歩きながら本を読…(2019年11月7日配信『山陽新聞』ー「滴一滴」)

 まきを背負い、歩きながら本を読む姿は努力や勤勉の象徴として親しまれてきた。江戸期の農政家・二宮金次郎である。以前、それが座像に姿を変えて栃木県の小学校にお目見えしたニュースがあった

▼切り株に腰を下ろして本を広げる姿だ。スマートフォンを見ながらの歩きスマホや自転車スマホが問題化する中、行為を容認するように受け取られかねない。そんな声を反映したのだろう。驚きつつも今の時代、子どもの安全を思えば一理ある、とも感じる

▼こちらは安全意識が抜け落ちた「ながら操縦」である。米海兵隊岩国基地所属の戦闘機部隊で、操縦士が飛行中に本を広げて読書をするといった規則違反が横行している実情が明るみに出た

▼部隊では空中接触が相次ぎ、昨年12月には高知沖で6人が死亡・行方不明になる墜落事故が起きた。違反行為はその事故調査の中で判明した

▼ほかにも機上で自分のひげを整えながら「自撮り」をしたり、手放しで操縦したり。相次ぐ事故の背景には、部隊内の薬物乱用やアルコールの過剰摂取などもあるという。規律の緩みは深刻だ

▼操縦士が広げていたのは、同じ米軍の戦闘機パイロットを描いた小説だったそうだが、職業意識の向かった先が機上の読書では見当違いも甚だしい。安全について、地上で腰を据えてしっかりと学び直してほしい。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ