FC2ブログ

記事一覧

<ともに・2020>車椅子利用者3割、UDタクシー乗れず「目をそらしスルー」 障害者団体が調査(2019年11月12日配信『毎日新聞』)

キャプチャ
電動車いすでUDタクシーに乗り込む土屋さん。運転手は「10分以上かかりますがよろしいですか?」と尋ねてからスロープを設置した=東京都江戸川区で2019年10月30日午後9時45分

 車いすのまま乗車できるタクシー「UD(ユニバーサルデザイン)タクシー」について、障害者団体「DPI日本会議」(東京)が今年10月に車いす利用者延べ120人の乗車調査をしたところ、27%にあたる32人が乗車拒否などで乗車できなかった。同会議が12日に発表した。運転手がスロープの設置方法を知らないケースもあった。同会議は国土交通省に改善を求める。

 UDタクシーは車両後部にスロープをつなげ、車いすのまま乗れる。東京五輪・パラリンピックを機に車いす利用者が増えることが予想されるため導入を進めている。運転手がスロープ設置や車いすの固定などを行う。

 調査は東京パラリンピック300日前の10月30日に、21都道府県で乗車の可否や乗るのにかかった時間などを調べた。乗車できなかった理由は「スロープを積んでいないと言われた」「明らかに目をそらしスルーされた」など。乗車できなかったケースは東京都が21%に対し、都外では29%と地域差があった。乗車にかかった時間は平均11.2分だった。

 電動車いすを利用する東京都江戸川区の土屋峰和さん(51)は調査で3台に乗車した。どの運転手も調査に備え、事前に乗せ方を練習していたが、ある50代の男性運転手は「時間がかかるので雨の日は勘弁してほしい。うまく乗車させられないかも、という不安もある」と本音を漏らした。

 昨年6〜9月の前回調査では延べ44人中11人(25%)が乗車できず、今回は改善はみられなかった。全国ハイヤー・タクシー連合会によると、UDタクシーは今年3月末時点で1万1872台で昨年同時期より7100台増えた。土屋さんは「運転手側に、スロープ設置に手間がかかるという印象があるのではないか。タクシー会社側は、障害者を講師とするような実際的な研修を継続してほしい」と訴えている。



10月30日全国一斉行動!UDタクシー乗車運動 アンケート集計結果について

概要は下記の通りです。

21都道府県、延べ120名の車椅子ユーザーが各地でUDタクシー(トヨタJPNタクシー、日産NV200)に乗車。

323c5249af9336e1af82034b508707cd-1-768x432.jpg

乗車拒否等で乗れなかった事例は27%。東京は21%、それ以外の地域は29%と地方の方が拒否の比率高い。

60aaa60925a242403629ca1b38ea1e5d.jpg

乗車場所による拒否の比率は、流し20%、タクシー乗り場24%、電話予約29%。電話でのUDタクシーを指定した配車が出来ないという事例が目立った。

車いすのタイプ別に乗車拒否の比率をみると、手動車いす59%、簡易電動車いす16%、電動車いす25%。一番小型の手動車いすが乗車拒否の比率が高く、意外な印象。

流しで乗車した場合、1台目で乗れたのは50%、乗車できなかったのは23%

乗降時間は全体で、乗車は平均11.2分、降車は平均5.1分

乗車は平均11.2分降車は平均5.1分

3f7ec57b6b660a8643a05f9a07c532a4-768x432.jpg

0fac4b3461a9e95e1fbc85086f72add1-768x432.jpg

運転手の研修は、実車で受けたことがある人は5%と高いが、実車以外が10.5%、何も受けてない人が2.6%いた。

526cbd115187a8ab01da756acaf5534e.jpg

車いすのまま乗車させた経験がない人は52%、スロープの設置方法をよく知っていた人は60%、知らなかった人は11%。

60aaa60925a242403629ca1b38ea1e5d.jpg

車いすを見たら逃げていった、電動車いすは乗せられないと言われた、乗車方法がわからないから乗せられない、車いすのままでは乗れない、UDタクシーを指定した配車は出来ない、トヨタJPNタクシーはUDタクシーとして配車していない、介護タクシーを勧められた、という事例があった。

車両に関しては、室内が狭く乗れない、スロープの上下を間違えるのでシールが貼ってあるといい、トヨタJPNタクシーは作業手順が複雑で運転手さんが気の毒、日産NV200も奥行きが不十分、といった意見があった。

乗車時に何がバリアになっているかという質問では、乗車場所が少ない、タクシー乗り場は乗降に時間がかかり後ろの人に気兼ねする、乗降の準備に時間がかかる、運転手が乗降方法を忘れている、といった意見がある一方で、運転手が乗降方法をよく知っており、5分程度で乗車できたので特にバリアは感じなかった、という意見もあった。

スムーズに乗車できた(21件)、とても親切だった(28件)等の好意的な感想も多かった。

2018年にDPIが実施した前回の調査(44件)では、乗車拒否は25%で、今回は27%とあまり改善はされていませんでした。電動車いすは乗車できないという誤った運用をしている事業者も複数あり、地方ではUDタクシーを指定した配車が出来ない事例が目立ちました。

国土交通省は2018年11月に「ユニバーサルデザインタクシーによる運送の適切な実施について 」という通達を出し、車いす利用者の乗車拒否は道路運送法に違反する、UDタクシーの運転、予約、配車その他の業務に携わる者に研修を受講させること、定期的に研修を実施すること、UDタクシーを指定した予約・配車が可能となるようにサービスを充実させることを求めていますが、今回の調査結果ではいずれも十分に改善されているとは言えない状況でした。

一方で、積極的に研修を繰り返している事業者もあり、接遇が非常に良い運転手さんも多数いたことも併せてご報告したいと思います。

私は流しで5回、アプリを使って1回、合計6回乗車しましたが、最初の3台は全てスルーされることなく、1台目がとまって乗せてくれました。5人の運転手さんは車いすの乗降方法をよく知っており、短時間でスムーズに乗車できました。これまで複数回乗車しましたが、車いす乗降の方法を知っている運転手さんは一人もいなかったですし、本年7月には上野で5台にスルーされて乗れなかったこともあり、都心部では運転手さんの接遇が改善されているのかな、という印象も受けました。

今回の調査で、一部で接遇の改善が見られる一方、いまだ不適切な運用をしている事業者も多数あり、メーカー側の改善も必要であることがわかりました。UDタクシーが急激に普及する中、適切な運用がなされ、車いす利用者も安心して利用できるように、さらなる改善が必要です。このアンケート集計結果を、国交省、全国ハイヤー・タクシー連合会、メーカー等にお持ちし、改善を働きたいと考えております。

ご協力いただいた全国の皆様には改めて感謝申し上げます。

▽アンケート調査報告はこちらからダウンロードできます。(パワーポイント)(PDF)➡ここをクリック(タップ)






スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ