FC2ブログ

記事一覧

<心の不調 防ぐには>(上・下)(2019年4月3日配信『東京新聞』)

重症化したうつ病 自殺未遂記憶も消えた

うつ2

 不眠続きで、気がふさぐ。そんな状態がしばらく続いた。鋼材関係の会社に勤めていた名古屋市港区の二宮大光(だいみつ)さん(49)は昨年1月、心療内科のクリニックで、うつ病と診断された。

 結果を会社に報告しようと電話を持ったが、手が震えた。上司に体の不調を相談し「(仕事をどうするかは)自分で決めて」と素っ気なくされたことがあり、追い詰められるような気持ちになった。

 8月末まで休職したが回復しないまま。使える休みがなくなると規定で25年勤めた会社を退社するしかなかった。以前にも3人が同じ事情で辞めていた。

 二宮さんに変調が表れたのは、人手不足で元々担当していたシステムの仕事に現場の安全管理が加わってから。帰宅時間は午後6時半ごろから、午後10時ごろになった。しかし、タイムカードはなく、上司は仕事量を把握しておらず、残業代も支払われなかった。

 休日出勤や出張も増え、家族と過ごす時間がなくなった。それでも、上司からは「成果が出ていない」と叱責(しっせき)された。インフルエンザに罹患(りかん)しても「誰もいない夜中に来て仕事するよね」と言われた。評価査定給が下がり、ボーナスも減った。頑張っても認めてもらえず、疎外感が募り、毎日2時間ほどまどろむ程度にしか眠れなくなった。

 それからは、難なくこなせていた仕事の手順が思い出せなくなり、スケジュールを把握できなくなった。家族でディズニーランドに出掛けたことすら、記憶から消えた。うつ病に伴う記憶障害だった。

 今は回復の兆しが見えてきたが、ねぎらわれることもなく辞めざるを得なかった会社のことを思い出したり、通勤と同じ道を通ったりすると、動悸(どうき)が激しくなり、体が震える。理由なく涙が流れたり、大きな音にパニックを起こしたりもする。妻のみゆきさん(41)が運転する時速80キロの車から飛び降りようとしたこともあった。みゆきさんは「会社がもう少し病気を理解して、仕事の量を減らしてくれたら」と唇をかんだ。会社側は「コメントを差し控える」としている。

 愛知県東浦町のヨガインストラクター野崎麻里さん(45)が不調を感じたのは、印刷関係の会社に勤めていた26歳のとき。新規プロジェクトに参加するため、親会社へ出向した。帰宅が深夜になり、睡眠は浅く短くなった。食事が喉を通らなくなり、数カ月で10キロほど痩せた。毎日うなされ、夜中に叫び声を上げた。

 うつ病と診断され休職したが、出勤できない自分には「何の価値もない」との思いが募った。手首を切るなど自殺未遂を繰り返し、会社を辞めた。5、6年前から症状は落ち着いている。しかし、今も自分を否定する気持ちになることがあるという。

 30年以上、産業保健に携わる保健師の嶋村美喜さん(52)は「時間の余裕がなく、不慣れな仕事で結果を残さなくてはならない新規事業の関係部署など、成果主義が強い職場では、メンタル不調者が出やすい。復帰には、ストレスの原因や対処法を本人が考え、それに即した働き方ができることが必要だ」と指摘する。
    ■  ■
 過重労働や職場の人間関係によるストレスから、うつ病になる人が増えている。苦しみながら働き続け、重症化してしまう人も少なくない。体験談を基に、そんな人たちをなくす方策を探りたい。

<うつ病> 過剰なストレスなどが原因で、脳の機能に変調をきたし、自律神経系や内分泌系のバランスが崩れて発症する精神疾患。不眠や食欲低下、抑うつ気分など複数の症状が2週間以上続く。厚生労働省の患者調査によると、2017年10月のうつ病を含む気分障害の全国総患者数は127万6000人で、現行の方法で算出し始めた1996年以降で最多。



<心の不調 防ぐには>(下)誰もがかかり得る 職場の啓発と理解、カギ(2019年4月4日配信『東京新聞』)

 「職場で安心して自分をさらけ出せたり、気兼ねなく発言できたりすれば、うつにならないかも」「コミュニケーションが活発だと、ちょっとした声掛けがしやすく、同僚の不調にも気付きやすいのでは」

 名古屋市中区で2月に開かれた講座「うつ病にさせないためのアドバイザー養成会」。24人の参加者が、うつ病を防ぐ職場環境について意見を交わした。

 講座では、うつ病の症状やメカニズムを学び、心拍変動を測定する機器で自律神経の乱れをチェックしたり、色彩を使って心理状態を把握するカラーセラピーを通じて理解を深めたりする。

 主催したのは「うつ病にさせないためのコンソーシアム」。1月に設立され、過重労働や人間関係によるストレスなどからうつ病になるのを防ぐための講座を開いている。代表幹事の時任春江さん(54)は「うつは誰でもなる病気。知識があれば、自分や周囲の人の不調に早く気付け、早期に手が打てる」と話す。

 講座に参加した愛知県長久手市の鈴木貴久江さん(50)は、「うつ病について理解が広がらないと(偏見などで)当事者は余計につらい思いをする」と、自身の体験から感じている。今後、講演会などを開いて、その経験を話したいという。

 鈴木さんがうつ病になったのは5年ほど前。10年以上訪問介護の仕事をしていたが、80代の両親がほぼ同じ時期に認知症を発症。退職し、両親からアパート経営を引き継ぎ、両親の介護にも明け暮れた。「介護の仕事をしてきたのに、親には十分なことをできていない」と自分を責めた。胃の不調や食欲不振に陥り、活動的な性格だったのに「感情の起伏がなくなり、何も考えられなくなった」。

 心療内科では「抑うつ状態」と説明された。抗うつ剤や睡眠薬などを飲んだが改善されず、1日中、ソファに横たわった。「最初は自分がうつだとは受け入れられず、違うと思おうとしていたから治療が遅れ、悪化した」と振り返る。何もかもが嫌になって、自宅のベランダで首をつって意識不明になったが、家族が見つけて一命を取り留めた。

 投薬治療などで回復し、現在は症状は出ておらず、治療も受けていない。「心が弱いからうつになると偏見をもたれ、傷ついたが、脳機能の異常と知り、気持ちが軽くなった。ストレスは人それぞれ違う。不調を抱えている人に寄り添うことができたら」
 ◇ 
 「うつ病にさせないためのアドバイザー養成会」は今後も東京や名古屋などで開催予定。6月23日は名古屋市中区の日本特殊陶業市民会館、9月16日は東京都文京区の林野会館で。いずれも前10~後4。参加費1万5000円。(問)時任さん=電050(3591)1674 (花井康子)
 ◇
◆喪失体験なども発症きっかけに

 名古屋市立大大学院教授の明智龍男さん(54)=精神・認知・行動医学=は、うつ病について、仕事上のストレスのほか、大切な人との死別や、自身が重い病気にかかったときなど、喪失体験から発症する場合も多いと指摘。「完全に予防することはできないが、自分のメンタルヘルスに目を向けると、少しでもなりにくい環境をつくることはできる」と言う。

 「いったん、症状が治まっても再発するケースが多い。引き金になったストレスへの対処法を考えておくことが大切」と話す。

 治療の選択肢も広がりつつあり、投薬のほか、考え方や物事の見方に働き掛ける「認知行動療法」などの精神療法も、取り入れられるようになっている。

うつ

公式サイト➡ここをクリック(タップ)









スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ