FC2ブログ

記事一覧

治外法権の色が濃い地位協定がある国ゆえに(2019年11月16日配信『東京新聞』-「筆洗」)

 職場での笑い話である。上司が部下をしかった。「仕事をしながら口笛なんて吹いちゃいかん」。部下は答える。「仕事をしながら口笛なんて吹いていません。ぼくは口笛を吹いているだけです」。放送作家、織田正吉さんの『ジョークとトリック』から引いた

▼こちらの実話は、職場が軍用機の操縦席というから、まったく笑えない。しばらく前に報じられた米海兵隊岩国基地の戦闘機部隊をめぐる規律違反の横行である。怒りと恐怖を呼び起こす話だろう

▼いわゆる「自撮り」に読書、口ひげの手入れというのもあった。緊張感と高度な規律が求められる飛行中に、どれも仕事と両立はできない行為だろう。操縦かんから手を離し、マスクも外していたことも明らかになったそうだ

▼これらは6人が死亡、行方不明となった昨年の高知県沖での事故を調査する過程で判明したという。日常的に頭上を訓練の米軍機が飛ぶ沖縄では、事故などの通報体制の不備に多くの人が憤る。その神経を逆なでにする内容でもある

▼短い物語を集めた『ドイツ炉辺(ろへん)ばなし集』に、外国で乱暴、狼藉(ろうぜき)を働いた軍人が過去を悔いる一話がある。教訓は<自分の故郷(くに)で見つけられて困るようなことは、よその土地でもしてはならない>である

▼治外法権の色が濃い地位協定がある国ゆえに規律はゆるんでいたのではないか。そんな想像さえしてしまう。






スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ