FC2ブログ

記事一覧

全都道府県から予選を勝ち抜いた選手たちが技能を競い合う! 「第39回全国障害者技能競技大会(アビリンピック)」 全23種目の競技が終了!(2019年11月18日配信『独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構』)

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構は、「第39回全国障害者技能競技大会(アビリンピック)」(主催:独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構、愛知県/後援:厚生労働省等)を、令和元年11月15日(金)~17日(日)の3日間、愛知県常滑市で開催。15日(金)に開会式、16日(土)に競技を行いました。

※第39回大会は、「あいち技能五輪・アビリンピック2019」として、令和元年11月15日(金)~18日(月)に同一会場にて開催される 「第57回技能五輪全国大会」(主催:厚生労働省等)と同時開催となります。

 本大会初日の11月15日(金) は、「第39回全国障害者技能競技大会(アビリンピック)」と「第57回技能五輪全国大会」との合同開会式を愛知国際展示場「AICHI SKY EXPO」にて開催。SKE48と県立松蔭高校和太鼓部によるコラボレーションステージを実施し、「あいち技能五輪・アビリンピック2019」の幕開けにふさわしい開会式となりました。

 また、開会式終了後には、両大会の選手等が一同に会して、交流会が催されました。

 大会2日目となる、11月16日(土)は、技能競技23種目、技能デモンストレーション2職種が同会場にて行われ、全国から予選を勝ち抜き、愛知県に集結した選手たちが職場や学校で培ってきた技能を披露しました。

また、本大会の一環であり、障害のある方々の雇用および職業能力について理解と認識を深めていただくことを目的とした「障害者ワークフェア2019」も、同会場にて開催されました。

ネイル施術

今大会から技能競技種目になったネイル施術。総勢6名の選手たちが、その技術の美しさを競い合いました。

95010e6283.jpg

コンピュータプログラミング

5dccc6ea12.jpg

2020年からは小学校でも必修化されることで注目されるコンピュータプログラミング。 システムエンジニアとしての総合的な技術を競い合いました。

パラリンピアンによる座談会

403fc21d98.jpg

「障害者ワークフェア2019」の特設ステージにて、アーチェリー競技で東京パラリンピック出場が内定している重定知佳さんらを迎えたトークショーを実施。多くのお客様が集まりました。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ