FC2ブログ

記事一覧

特権を誇示する浅ましさ(2019年11月29日配信『しんぶん赤旗』-「潮流」)

 今、新宿御苑が春に劣らぬ彩りです。カエデの赤が池の水面に映え、イチョウは黄金色に輝いています。秋冬に咲くサクラも花開いています

▼御苑の歴史は江戸時代にさかのぼります。徳川家康が譜代の家臣、内藤清成(きよなり)に江戸城西門の警護を命じ、この地に広大な屋敷を与えたのが始まりです。西に甲州街道が延び、東には江戸の出入りを見張る赤坂見附、四谷見附。交通の要衝に置かれた防衛拠点でした

▼明治期には国の農業試験場となり、後に大庭園に改造されました。入園料が今年3月に200円から500円に値上がりしたのは残念ですが、今は誰もが季節の花や草木をめでつつ心静かに散歩を楽しめる国民の庭園です

▼アルコール飲料は持ち込み厳禁。花見の時期には酒類を持っていないか、入り口で「セキュリティーチェック」があるほどです。そんな御苑から民を締め出し、仲間内で酒宴を開いて特権を誇示する浅ましさ。安倍首相は恥ずかしくはないのでしょうか

▼御苑の千駄ケ谷門外に「新井白石終焉(しゅうえん)の地」の案内板が立てられています。江戸時代、6代、7代将軍のブレーンとして活躍した学者です。将軍の代替わりによって江戸城を追われ、ついの住みかとして与えられたのが、農地が広がっていたここでした

▼小藩の家臣の子として生まれ、博識を買われて権力の中枢にのぼった白石。財政を引き締め、身分をかさに着る幕閣に厳しい態度で臨んだといわれます。現代の「桜を見る会」に泉下でさぞ怒っていることでしょう。



「桜を見る会」区分番号「60」総理枠認めよ(2019年11月29日配信『しんぶん赤旗』)

キャプチャ

反社勢力出席 看過できぬ 野党書記局長・幹事長会談

 日本共産党と立憲民主党、国民民主党、社会保障を立て直す国民会議、社会民主党の、野党書記局長・幹事長は28日、国会内で会談を開きました。安倍晋三首相主催「桜を見る会」への反社会的勢力などの出席は「到底看過できるものではない」とし、政府提出資料にある招待状の区分番号「60」が「総理枠」と認めることが審議の前提だと政府・与党に迫ることで一致しました。

2019112901_01_1.jpg
野党書記局長・幹事長会談。左から5人目は小池晃書記局長。右端は穀田恵二国対委員長=28日、国会内

 野党は、政府・与党に対し、「桜を見る会」への反社会勢力の出席やジャパンライフ会長を招待した経緯と誰の推薦枠だったのかを速やかに明らかにせよと要求しました。

 区分番号は内閣府が、日本共産党の田村智子参院議員に提出した、招待状の封入・発送を外部委託した際の「仕様書」(15、16年分)に記載されており、「60~63」は「総理・長官等の推薦者」と明記されています。

 日本共産党の小池晃書記局長は会談後の記者会見で、区分番号「60」について、「政府の資料に示されているものであり、総理の『推薦枠』であることは明白な事実ではないか」と指摘。「政府がそれを認めることが審議の前提だ」と述べました。

 野党は、安倍首相出席の衆参予算委員会の集中審議の開催と会計検査院の調査要求の議決と招待者名簿の電子データの復元と速やかな国会への提出も求めました。

 与党側はこの要求に対し、区分番号「60」枠に言及することを一切拒否しました。

 野党側は、政府自ら出した資料を認めないなど、こんな理不尽なことはないと厳しく抗議しました。



「反社勢力」政府の「指針」が定義(2019年11月29日配信『しんぶん赤旗』)

官房長官の説明 “虚偽”

0e845e7a56316e3fdd2cf7b227747ffb20191128122913306.jpg

 安倍晋三首相主催「桜を見る会」に招かれていた「反社会的勢力」について“定義はない”という菅義偉官房長官の説明に反し、政府自身が公式な文書で明確に定義していることが分かりました。

 政府が閣議決定で設けた犯罪対策閣僚会議の幹事会は2007年6月19日、「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」をとりまとめました。同指針は、「暴力団を始めとする反社会的勢力」と関係をもたない企業倫理上の取り組みに言及しつつ、「暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人である『反社会的勢力』」と明確に定義しています。

 菅長官は27日の会見で「反社会的勢力」について「定義は一義的に定まっているわけではない」などと述べ、「反社」の「桜を見る会」への入場を事実上認めた自身の前日の説明の打ち消しを図っていました。

 同「指針」の定義によれば、高齢者への詐欺的な「マルチ商法」などで行政処分を受けた「ジャパンライフ」会長への「桜を見る会」招待状の送付や、同会で撮影された写真に写っていた暴力団関係者だったとされる人物などは、いずれも「反社」に該当することは否定できません。

 「反社」の“定義はない”という事実と異なる説明を行った菅氏の責任とともに、「反社」を公的行事に招待した政府と主催者=安倍首相の責任が厳しく問われます。

2019112902_02_1b.jpg
「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」で、「暴力団を始めとする反社会的勢力」についての脚注で明記された同勢力の定義



昭恵氏「お友だち」140人超参加(2019年11月1日配信『しんぶん赤旗』)

前川喜平さん 安倍教育行政を斬る


2019112903_01_0.jpg

 「私人」であるはずの安倍晋三首相の妻、昭恵氏の「お友だち」が140人超も「桜を見る会」に参加していることが、編集部の調べで分かりました。招待されたのは「選挙でがんばったから」と“有権者買収”を認める重大証言も。公的行事の私物化は底なし状態です。野党は「追及本部」を立ち上げ、徹底解明の構えです。

 元文部科学事務次官の前川喜平さんが、安倍「教育再生」の危険性をズバリ語りました。

 連載開始から50年。『青春の門』第九部を出した五木寛之さんが、いま書きたいのは「戦争です。その時代の空気を伝えたい」と語ります。

 党大会議案のポイントを紹介するシリーズ。今回は、綱領一部改定案の「世界資本主義の諸矛盾」。格差拡大と気候変動が意味することは―。

 消費税5%減税に向け各界懇談会が開かれました。

 消費税増税の上に、国立大の授業料減免制度の廃止で2万4千人が負担増、さらには学費値上げ―。異常事態に学生から悲鳴があがっています。

 「お役立ちトク報」は、高い介護保険料の減免制度。スポーツは女子フィギュアの“4回転新時代”です。

 ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇が来日。核兵器廃絶への力強い訴えを聞いた被爆者の思いは―。

 「ひと」は女優の真矢ミキさん。



スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ