FC2ブログ

記事一覧

カジノ 北海道が断念(2019年11月30日配信『しんぶん赤旗』)

知事表明 世論が追い込む

 北海道内の経済界や候補地に名乗りを上げた苫小牧市などが推進してきたカジノを中心とする統合型リゾート(IR)誘致問題で、鈴木直道知事は29日の道議会本会議で誘致断念を表明しました。

 道が優先候補地として検討してきた苫小牧で絶滅危惧種や猛きん類の巣が見つかり、希少動植物が生息する可能性や、「カジノ(賭博場)誘致に反対する苫小牧市民の会」が2万人を超える反対署名を集約。

 道が9月から11月に実施したアンケートでも66%の道民が「誘致に不安がある」と回答するなど、「ギャンブル依存症を増やし、自然環境を破壊するカジノは誘致すべきでない」との世論が盛り上がりました。

 鈴木知事は「今回の区域認定申請までの限られた期間で環境への適切な配慮を行うことは不可能と判断した」と悔しさをにじませ、「来るべき時には挑戦できるよう所要の準備をしっかり進める」とあくまで誘致推進を強弁してみせました。

 道議会で一貫して誘致反対の論陣を張ってきた日本共産党道議団の真下紀子団長は、「北海道にカジノはいらない」との道民の世論と運動が追い込んだ結果だと強調。誘致に前のめりになる一方、ギャンブル依存症などカジノの負の影響をあまりにも軽んじていると強く批判。「カジノ誘致に含みを持たせる知事の姿勢は断じて容認できない」とのコメントを発表しました。





<焦点IR>カジノ反対署名2万筆 苫小牧市の誘致反対グループ、市に提出(2019年10月22日配信『共同通信』)

キャプチャ
福原副市長にカジノ誘致反対の署名を手渡す篠原共同代表(右から2人目)

 カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)を巡り、苫小牧市の市民団体「カジノ(賭博場)誘致に反対する苫小牧市民の会」は25日、誘致反対の署名2万155筆を市に提出した。28日の臨時市議会で誘致推進を求める決議案が審議されることを踏まえ、「他人の不幸を踏み台にする施設は不要だ」と訴えた。

 市役所を訪れた同団体共同代表の篠原昌彦・苫小牧駒沢大名誉教授はギャンブル依存症の懸念などを理由に「子どもの未来にカジノはいらない」と強調。対応した福原功副市長は「重く受け止める。懸念に対してはしっかりと対策を進めたい」と述べた。市によると、重複分などを除き、苫小牧市民の署名は6割程度とみられる。

 一方、IR誘致を目指す市と苫小牧商工会議所は25日、近日中に鈴木直道知事に対し、IR誘致を表明するよう求める要望書を連名で提出する方針を明らかにした。同会議所によると、要望書は苫小牧を誘致候補地として位置づけることや、区域整備計画の認定申請に向けた予算確保などを求める内容。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ