FC2ブログ

記事一覧

名古屋で五輪ボランティア研修始まる(2019年12月14日配信『読売新聞』」)

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、名古屋でのボランティア研修が13日、名古屋市中区の愛知県自治研修所で始まった。約240人が参加し、大会の歴史やボランティアの心構えなどを学んだ。

 研修は競技会場や選手村の運営をサポートする「フィールドキャスト(大会ボランティア)」が対象。全国で約8万人が選ばれ、大会組織委員会は名古屋での研修を16日まで7回に分けて開き、計約1500人が参加する予定。

 この日、参加した同県知多市の会社員伊藤文人さん(47)は聴覚障害があり、手話の同時通訳を介して他の参加者とゲームをしたり、クイズに答えたりした。伊藤さんは「パラリンピックの選手たちを助けたい。研修は楽しく、やる気がさらに湧いてきた」と笑顔を見せた。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ