FC2ブログ

記事一覧

【元記者の心身カルテ33】西山美香さんの手紙(2019年12月17日配信『中日新聞』)

 元看護助手西山美香さん(39)の呼吸器事件で、再審開始決定が大阪高裁でなされてから2年。再審請求に関わった立場で振り返る。

 西山さんは16年前、滋賀県の病院で人工呼吸器の管を抜いて患者を殺害したとして、翌年に逮捕された。取り調べで自白したが、獄中から「私は殺(こ)ろしていません」と訴える手紙3百数十通を両親に送り続けた。真実の叫びと感じた中日新聞記者によって取材班がつくられ、キャップの編集委員が元同期という縁で、私は手紙を渡された。障害があると直感した。

 大いなる味方は井戸謙一弁護団長だった。裁判官時代に原発運転差し止め訴訟で原告勝訴の判決を出したベテランだ。弁護団の依頼で、臨床心理士と服役中の西山さんに面会し、精神鑑定をした。両親の話や通知表の担任の所見なども考慮し、軽度知的障害・注意欠如多動症(ADHD)と診断した。

 障害の影響もあり、幼少時から孤立しがちだった西山さんは、友人を得ようと虚言癖を身に付けた。取り調べの刑事に好意を寄せてした嘘(うそ)の自白を捜査側は利用した。調書作成のたびに供述内容が変わることによって生まれる矛盾を、中日新聞は繰り返し指摘した。

 本音を隠さず何事にもまっすぐに向き合う西山さん。今は冤罪(えんざい)で失われた2、30代を取り戻そうと懸命に工場で働く。来春の無罪判決を待ちながら。 (心療内科医 小出将則)




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ