FC2ブログ

記事一覧

あす「成人の日」/差異認め合う社会を築こう(2020年1月12日配信『河北新報』ー「社説」)

 あす13日は成人の日。東北の多くの自治体ではきょう、成人式が行われる。東北6県では、約7万3500人が大人の仲間入りをする。新成人の皆さんの新たな門出を祝福したい。

 あなたたちはこの20年を、主に21世紀とともに歩んできた。そして平成の時代が幕を閉じ、令和となって初めて新成人として一歩を踏み出す。時の巡り合わせを感じずにはいられない。

 新しい時代の幕が上がった昨年、改めて心に刻まれたのは自然災害の脅威だった。東北は台風19号に見舞われ、被災地には水害の深い爪痕が残る。仮設住宅で新年を迎えた被災者も多い。

 新成人はいま、災害多発の世紀に生きている。2011年の東日本大震災後も14年の広島土砂災害と御嶽山噴火、16年の熊本地震、17年の九州北部豪雨、18年の西日本豪雨と北海道地震、そして昨年の台風19号と続いた。

 毎年のように大災害が発生し、対応が迫られている。自然災害をもたらす地震活動、気候変動などに誰も無関心ではいられない。

 異常気象が世界的な問題となる中で、10代のスウェーデンの少女グレタ・トゥンベリさんの活動は記憶に新しい。温暖化対策を政府に求める訴えは昨年、世界に拡大した。世界中で400万人を超す若者の一斉デモもあった。

 対応が鈍い大人や政治に若者たちが連携して異議を唱える。その行動は、分断と対立がはびこる社会に差す一筋の光明だった。

 「あなた方が話すのは金と永遠の経済成長というおとぎ話だけ」。各国首脳に語気を強めたトゥンベリさんの姿にかつての公害研究者、故宇井純さんを思い起こした。

 宇井さんは高度成長期、水俣病と出合い、現場で調べ、大企業とけんかをしながらも公害を告発した。公害問題に手を打たない国や自治体に怒り、東大で自主講座「公害原論」を15年も続けた。

 そんな人生をつづった著書『キミよ歩いて考えろ』(ポプラ社)という題名をそのまま、新成人へのメッセージとして贈りたい。

 宇井さんは困難や課題にぶつかると、人知れず苦しんでいる公害の被害者を思い、自らを奮い立たせたという。

 人の悲しみや苦悩を自分の身に置き換えて考えることができる。そんな想像力や感性はこれから、ますます重要になるだろう。

 その感性はどう磨くのか。観察力を養うことだ、と宇井さんは言う。多くの現場に身をさらすことで観察力は鍛えられ、感性も豊かになるという。新成人には自ら歩いて考え、未来を開いてほしい。

 国内外では分断と対立から、意見の異なる他者への攻撃が目立つ。だからこそ、柔軟な感性を養い、差異を認め合う、多様な彩りに満ちた社会を共に築きたい。



未来へ、たくましく一歩を踏み出す日(2020年1月12日配信『河北新報』ー「河北春秋」)

 井上陽水さんが人生で一番輝いていた時。それは浪人時代の2年間だったそうだ。歯科大学を目指したが、弁当を持ってパチンコ屋に通う日々。恋や音楽に夢中で2浪しても不合格だった

▼3浪目の20歳の時、ラジオ局に自作の曲を応募して人生が変わる。友人にはがきを配って番組にリクエストさせた。約半年後にデビュー。ここから日本を代表するシンガー・ソングライターとしての歩みが始まるのだから人生は分からない

▼『二十歳のとき、何をしていたか?』(マガジンハウス)から引いた。音楽家や俳優、芸人、運動選手ら老若男女の著名人61人の話をまとめた本で、十人十色の青春物語が楽しい

▼読んで感じるのは、時代は変わっても若者はあまり変わらないということ。いつの時代も金はなくても、根拠のない自信や夢がある若者がいる。努力を重ね、挫折を繰り返す。陽水さんのような回り道に見える経験は、結局その人の血肉となることが多いようだ

▼陽水さんがデビューから20年後の1989年に作った曲が「最後のニュース」。戦争や地球温暖化について歌った。今も世界各地で銃声はやまず、異常気象は深刻さを増す。大変な時代だが、いつの時代も希望はある。あすは成人の日。未来へ、たくましく一歩を踏み出す日にしてほしい。



キャプター

商品の説明
「二十歳のとき、何をしていたか?」

POPEYEが、2017年3月号、2018年3月号と、
2号作ってきた好評の特集を1冊に再編集。
坂本龍一、井上陽水といった著名人ほか、
パラリンピアンや、地方を拠点に生きるクリエイターなど、
2号合わせて総勢95名に、
「二十歳のとき」を聞いたインタビューがまとまります。
さらに、田原総一朗さんや箭内道彦さんらが薦める
「二十歳のときに、読んでほしい本と観てほしい映画。」、
野村訓市さんやみうらじゅんさんらが、
自らの体験を語る「二十歳の旅。」も収録。
これから大人になる人にとっても、
もう大人になった人にとっても、
“二十歳のとき"を考え、人生を考えるための
ヒントが詰まった完全保存版。

アマゾン➡ここをクリック(タップ)




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ