FC2ブログ

記事一覧

あすは成人の日 未来をつくる人たちへ(2020年1月12日配信『東京新聞』-「社説」)


 「大人たちだけが住む世界じゃない」-。暖冬の街で若者たちが心の声をしぼり出す。先月6日、浜松市の浜松開誠館中学・高校生が繰り広げた「グローバル気候マーチ」です。遠くスペイン・マドリードでは、温暖化対策の国際会議「COP25」が開催中でした。

 17歳になったばかりの少女、スウェーデンのグレタ・トゥンベリさんが2年前、たった一人で始めた「気候のための学校ストライキ」に共鳴し、世界中に広がった若者たちの抗議行動。開誠館の生徒にとっては昨年の9月に続いて2度目の試みです。

 約400人が参加して「気候危機」の切実さを訴えました。

◆地球を守れ、未来を守れ

 横断幕を先頭に、市街地を約一時間。整然と行進しながら「地球を守れ」「未来を守れ」と声を上げました。

 中心になったのは「環境」や「貧困」「平和」といった国際社会の課題を学ぶ「グローバルコース」の生徒たち。

 学習を進めるうちに、気候危機の深刻さに気づき、考え、グレタさんのことも知り、生徒会を巻き込んで「グローバル気候マーチに参加したい」と、高橋千広校長に直訴しました。

 高橋校長も以前からグレタさんに共感を覚えており、グレタさんのように、自らの意思で一歩前へ踏み出そうとしている生徒たちを見て、「腹をくくって」応援することにしたそうです。

 生徒たちは、あと二つ、学校に「お願い」をしています。

 一つは、気候危機に関する意見広告を出したいと。

 農家出身の高林一文理事長は、温暖化の進行による田畑の荒廃、食料不足、ひいては飢餓の到来を常々憂慮していたといい、「生徒募集の広告を出す代わりに」と、これを承諾。「グローバル気候マーチ参加生徒一同」の<大人の皆さん、今を生きる者の責任と行動で地球の未来を救ってください。未来を生きていく私たちの切実な想(おも)いに耳を傾けてくださり、ありがとうございました>という訴えが、地元紙に掲載されました。

 もう一つは「RE100プロジェクト」への参加です。

 「RE100」とは「事業運営を100%再生可能エネルギーで行います」という、目標を掲げること。学校側は「大人としての責任だから」とこれも受け入れ、建設中の新体育館の電力をすべて太陽光で賄えるよう、設計図を書き換えることになりました。

◆今やるべきことをやる

 校長と理事長に、ベタな「突っ込み」を入れてみました。

 「大人としての責任って、何でしょう」

 高橋校長の答えは明快でした。

「今、私たちがやるべきことをやるということ」

 生徒たちが共感を寄せたグレタさん、世上言われているような「怒りの子」ではありません。

 彼女はしばしば、このような言葉を口にします。

 <2030年、私は26歳になります。(中略)素晴らしい時期だと聞いています。まだ先に人生がたっぷり残っている年代だと。でも、私たちにとって、そんな素晴らしい時期になるのか、あまり確信が持てません>(「グレタ たったひとりのストライキ」)

 10年後にも不可逆的な異常気象の連鎖が起こると予測する、国連「気候変動のための政府間パネル」(IPCC)のリポートを真摯(しんし)に受け止めているからです。

 彼女はきっと、おびえています。見えない未来を恐れています。

 こんなことも言っています。

 <たったいま、あなたたちのしていること、あるいはしていないことの結果を、私たちの世代が将来、帳消しにすることはできないのです>(同)。自らの無力を嘆き、いら立ち、そして<これは助けを求める叫びです>(同)などと、懇願し続けているのです。

 子どもは大人の希望であるという前に、大人こそ、子どもたちの希望であり続けるべきではないのかと-。

 大人になる、成人するということは、グレタさんとともに叫ぶ人から、彼女の叫びを受け取る人へ、小さな一歩を踏み出すことかもしれません。新成人の皆さんは、受け取る人になるわけです。

◆まだ見ぬ豊かな選択肢

 大手自動車メーカーの社長が自社のCMで「未来のことは私にはわからない。それを決めていくのは未来を生きていかれる人だし。(私は)チョイス(できる環境)を与えたい」と語っています。

 皆さんもいわば選択肢をつくる人、未来というフィールドを耕す人になるわけです。責任は重いし、面倒も多い。

 でも、未来をつくる人になるって結構、おもしろそうだと思いませんか。だから新成人、おめでとうございます。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ