FC2ブログ

記事一覧

杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ(2020年1月25日『日刊ゲンダイ』)

8d4e1b15e7fe37d9b131185430359f1f20200125123359981.jpg
極右界のアイドル気分

 選択的夫婦別姓導入を訴えた野党の衆院代表質問に、自民党の杉田水脈議員が「だったら結婚しなくていい」とヤジを飛ばした問題が炎上している。立憲民主、国民民主、共産の野党3党の有志議員は24日、大島理森衆院議長に発言者の特定を求める申し入れ書を衆院に提出。「選択的夫婦別姓の制度がないために苦しむ人の心を傷つけ、憲法が保障する結婚の自由を否定する暴言だ」とし、謝罪と撤回を促すよう要求した。

「一昨年の〈LGBTは“生産性”がない〉との主張で猛バッシングにさらされて以降、杉田さんはイメージ回復に躍起だった。所属する首相派閥・細田派の先輩議員の稲田朋美さんとネット番組の企画で新宿2丁目を訪れ、当事者に涙ながらに〈本当にごめんなさいね〉と謝罪したり、稲田さんが共同代表を務める女性議連にも参加して未婚ひとり親支援にも熱心だった」(与党関係者)

 猫かぶりしたところで、多様性を否定して差別を肯定する極右思想は隠し切れないのだろう。当の本人はどうしているかといえば、トンズラだ。杉田氏のツイッターによると、きのうは航空自衛隊防府南基地(山口県防府市)で行われた第14期一般空曹候補生過程卒業式に出席。日の丸をバックに祝辞を伝え、卒業生との祝賀会食にも参加したそうで、こうツイートしている。

〈最後は、皆様の今後の活躍と自衛隊の憲法明記を祈念し万歳三唱。参列者全員で拍手でお見送りしました〉


 衆院本会議に出席し、党本部などに姿を見せていたおとといは、スマホを耳にピタリと押し当てて報道陣の問いかけをガン無視。“エア電話”と揶揄される始末だ。問題のヤジとは無関係ならスパッと否定すればいい。そうでないのなら、国民の代表たる国会議員だ。国民が知りたがっている発言の真意を説明する責任がある。報道対応するつもりはあるのか。

「特に今のところ、予定はないです。党からの連絡? 本人でないとわからないと思います。本人は地元の山口に戻っています。戻り? 月曜か火曜か……」(杉田水脈事務所)

 野党時代の杉田氏は兵庫6区を地盤としていたが、安倍首相の推しで17年衆院選に比例代表(中国ブロック)で立ったことで山口県連入り。首相のお膝元でヌクヌクとは見上げたものだ。いっそのこと居ついたらどうか。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ