FC2ブログ

記事一覧

障害者施設殺傷事件から3年半 犠牲者悼む 相模原(2020年1月26日配信『NHKニュース』)

キャプチャ

キャプチャ2

キャプチャ3

キャプチャ3-1

キャプチャ4

キャプチャ5

 相模原市の知的障害者施設で19人が殺害された事件から3年半となる26日、現場となった施設の献花台には施設の関係者などが訪れ、犠牲者を悼みました。

 平成28年7月26日、相模原市にある知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者が次々と刃物で刺され、19人が殺害されるなどした事件では、元職員の植松聖被告(30)が殺人などの罪に問われ、今月8日から裁判員裁判が開かれています。

 現場となった施設の前には毎月26日の月命日に献花台が設置されていて、26日も施設の関係者などが訪れ犠牲者を悼んでいました。

 職員だった時に犠牲者を担当していた太田顕さんは「これまでの裁判で19人が亡くなったときの悲惨な状況が詳しく分かり、改めて許せない気持ちが強くなった。なぜあのような犯行を許してしまったのか、全容の解明を期待したい」と話していました。

 津久井やまゆり園の入倉かおる園長は「犠牲となった方たちには、空の上で心配せずに過ごしてほしいと祈りました。私も事件の関係者として、判決までしっかりと見守っていきますと伝えました」と話していました。

 裁判は27日以降も被告人質問などが行われ、判決は3月16日に言い渡される予定です。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ