FC2ブログ

記事一覧

不払い養育費の受け取り、自治体が支援 東京都内でも(2020年1月30日配信『日本経済新聞』)

離婚後にひとり親家庭が貧困に陥らないよう、不払い養育費の受け取りを自治体が後押しする動きが広がってきた。東京都豊島区や港区は4月以降、民間保証会社の仕組みを活用した支援制度を始める方向で調整する。ひとり親家庭の貧困率は5割を超えており、養育費不払いはその一因とされている。支援は兵庫県明石市や大阪市で先行していたが、地域を超えた動きになってきた。

豊島や港が想定しているのは、保証会社が養育費の不払い分を立て替え、離婚相手から回収する仕組みだ。公正証書などで元配偶者と養育費を取り決めた家庭を対象とする。区はひとり親が契約時に支払う保証料を補助し、サービス利用を促す。

豊島は2020年度から、15世帯に対して保証料を5万円まで補助する方針。離婚前後に文書を残せるよう証書の作成手数料なども支援する。港は弁護士による離婚相談の強化も検討する。

キャプチャ

厚生労働省の調査では、養育費を受け取っているひとり親は4人に1人にとどまる。取り決めたのに支払われず、泣き寝入りする例も多い。ひとり親が十分な生育環境を整えられないなど、子どもの不利益に直結する場合もある。

こうした課題を踏まえ、兵庫県明石市が18年11月、保証会社と連携して不払いを防ぐ実証実験を始めたのに続き、大阪市も19年4月から同様の制度を導入した。東京都も20年度、市区町村を通すなどして約90世帯を対象に保証料を補助する見込みで、都内でも豊島や港以外の自治体に広がる可能性がある。

養育費の確保をめぐっては安倍晋三首相が22日、衆院本会議での代表質問に対し「諸外国の法制度を研究するとともに、地方自治体の先駆的な取り組みの把握を通じて必要な検討に努める」と答弁した。自治体の取り組みは国の制度設計にも影響を与えそうだ。



改定で増額したい 双方の合意が必要(2020年1月31日配信『日本経済新聞』)

キャプチャ2
弁護士・榊原富士子さん

京都大学法学部卒、1981年弁護士登録。東京弁護士会所属。日本家族〈社会と法〉学会理事、日弁連家事法制委員会委員、夫婦別姓訴訟弁護団長。「親権と子ども」(岩波新書)、「離婚判例ガイド」(有斐閣)など著書多数。

キャプチャ

養育費の算定表➡ここをクリック

2019年末に裁判所が養育費の簡易算定表を改定し、新しい算定表では以前よりも養育費の額が高くなると報道されていました。私は、18年11月に調停離婚で養育費を合意したのですが、新しい算定表を使って増額してもらうことができるでしょうか。

19年12月、16年ぶりに、裁判官らの作った養育費の新しい簡易算定表が発表されました。親は子に対し自己と同程度の生活をさせる生活保持義務があるという考え方に基づいて作られている点は変わりません。

ただ、16年の間に社会の状況や生活様式等もずいぶん変わりましたので、最近の税率や保険料率、消費実態調査等の統計資料に基づいて改定されました。子どもの携帯電話普及率が高まったことなども若干考慮されています。

改定算定表は、すでに裁判所のサイトにアップされ、誰でもダウンロードして使えるようになっています。また、その詳細は、司法研修所編「養育費、婚姻費用の算定に関する実証的研究」(法曹会)という本で説明されています。改定算定表によって算定された裁判も出ています。

ところで、養育費は、いったん決めたものであっても事情の変更があるときは、双方から増額請求または減額請求をすることができます。

しかし、残念ながら、ご相談のケースのように、いったん取り決めた養育費額を、算定表の改定があったというだけで増額することは、裁判では認められていません。

ただし、父母双方が算定表の改定内容に納得して、任意で額を変更する新たな合意をすることは全く自由です。また、それはお子さんのためには望ましいことです。

一般に養育費額の増減が認められうる事由としては、子の病気や進学等により支出が増えたなど、従前の養育費では不十分となる客観的な事情変更があったこと、父母のいずれか一方の収入の著しい増減、一方が再婚して新たに子をもうけたり、連れ子と養子縁組をして扶養家族が増えたりすることなどがあります。

また、算定表は子の年齢が15歳以上になると、教育費等を考慮し、15歳未満時よりも増額するように作られていますので、14歳未満の時にした合意について、15歳を超えてから増額請求することも可能です。

先に、改定算定表が発表されたことのみでは増額請求の根拠とならないと申しあげましたが、ここで紹介したような客観的な事情の変更があり裁判所で増減を認める場合は、改定した算定表によって算定されることになります。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ