FC2ブログ

記事一覧

いじめ、貧困…「命の重み伝えたい」 桐生で撮影 映画「子どもたちをよろしく」(2020年1月31日配信『東京新聞』)

キャプチャ
主演の鎌滝さんが演じる一場面((c)子どもたちをよろしく製作運動体)

 いじめと自殺、性的虐待、貧困などをテーマに桐生市一帯で撮影した映画「子どもたちをよろしく」(105分)が2月22日から、高崎市あら町のシネマテークたかさきで全国公開に先駆けて上映される。29日に県庁で企画・統括プロデューサーの寺脇研さん(67)が記者会見し、「自分は中学生の時、学業に悩んで自殺未遂をした経験がある。命の重みと大切さを伝えたい」と製作の意図を説明した。

 寺脇さんは文部省(現文部科学省)に入省後、教育行政に長年携わり、広島県教育長や大臣官房審議官などを歴任。京都造形芸術大の客員教授(芸術論)を務め、テレビ出演も多い。

 映画は文科省の後輩で、同じ職場の勤務経験もある「盟友」(寺脇さん)の前川喜平・元事務次官と共同企画した。作品はフィクションだが、2人の体験や経験に基づいているという。

 物語は北関東のある街が舞台。主人公は義父から性的虐待を繰り返され、自らを「汚れた存在」と思い込んで性風俗で働く若い女性だ。女性の弟はある日、女性が働く店の名刺を拾い、弟は姉の仕事を理由にいじめられるとおびえ、二人は居場所を奪われていく。

 主演の鎌滝えりさん(24)は映画のオーディションで自らが子どもの時にいじめられ、不登校になった体験を明かし、「どうしても演じたい」と訴えたという。

 監督・脚本は「あぶない刑事」などで助監督を務めた隅田靖さん(60)。映画は昨年2月の前半ごろに撮影され、十数人の地元エキストラも出演した。

 寺脇さんは「(深刻な内容のため)親子で一緒に観賞するのがいい。子どもたちがこのような状況に置かれていていいのかを考えてほしい」と呼び掛けた。

 上映は3月20日まで。2月22、23日には鎌滝さんと隅田監督の舞台あいさつがあり、23日には寺脇さんも登壇する予定。前売り券は1500円。

キャプチャ2
映画の製作について説明する寺脇さん=県庁で



c01cf96d444fcfae.jpg

公式サイト➡ここをクリック

解説
元文部科学省の寺脇研と前川喜平が企画を務め、子どもたちを取り巻く社会の闇を繊細かつ鋭く描き出した人間ドラマ。北関東のとある街。デリヘルで働く優樹菜は、母親の妙子と義父の辰郎、辰郎の連れ子である稔と4人で暮らしている。辰郎は酒に酔うと妙子と稔に暴力を振るい、優樹菜には性暴力を繰り返した。妙子はなす術もなく、見て見ぬ振りを続けている。稔はそんな父母に不満を感じながら、優樹菜に淡い思いを抱いていた。一方、優樹菜が働くデリヘルの運転手・貞夫は、妻に逃げられ重度のギャンブル依存症に陥っている。息子の洋一と暮らす家に帰るのはいつも深夜で、洋一は暗く狭い部屋の中で1人、帰ることのない母親を待ち続けていた。同じ中学校に通う稔と洋一は以前は仲の良い友人だったが、今は稔たちのグループが洋一をいじめの標的にしている。ある日、稔は家の中でデリヘルの名刺を拾う。姉の仕事に疑問を抱いた彼は、自分も洋一のようにいじめられる側になるのではないかと怯えるようになり……。主演は「愛なき森で叫べ」の鎌滝えり。「ワルボロ」の隅田靖監督がメガホンをとる( 映画.com)。

2019年製作/105分/G/日本
配給:太秦






スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ