FC2ブログ

記事一覧

安倍首相、領収書写し提出拒む 「桜」前夜祭―参院予算委(2020年1月31日配信『時事通信』」)

 参院予算委員会は31日午後、安倍晋三首相らが出席して「内政・外交の諸問題」をテーマに集中審議を行った。首相は「桜を見る会」前日に自身の事務所が主催した「前夜祭」で参加者に渡されたとする領収書について、写しの国会提出は困難だと主張した。立憲民主党の石橋通宏氏への答弁。

 石橋氏は前夜祭について、首相の政治資金収支報告書に記載すべき収支がホテルとの間で発生したはずだと指摘し、ホテルの協力を得てカーボン紙による写しを提出するよう求めた。首相は「ホテルとの契約の当事者はあくまで個々の参加者だ。写しをホテル側に求めることは困難だ」と強調した。

 汚職事件に発展したカジノを含む統合型リゾート(IR)整備事業に関し、国民民主党の矢田稚子氏が「疑惑が解明されるまで立ち止まるべきだ」と訴えた。首相は「赤羽一嘉国土交通相の下、厳正に透明性を持って国民から理解いただけるような手続きの中で判断されると期待している」として応じなかった。

 赤羽国交相は「大半の国民が導入に抑制的、慎重になっている」との認識を示す一方、IR整備に向けて検討する政府関係者とカジノ事業者の接触制限について「自ら律する立場で、厳しいルールをつくる」と語った。

 首相は選択的夫婦別姓制度の導入について「慎重に対応を検討したい」と述べるにとどめた。矢田氏への答弁。



桜懇親会領収書「ネットに表示してる人がいる」 首相、提出は重ねて否定 衆院予算委(2020年1月31日配信『東京新聞』)

 衆院予算委員会は31日午前、安倍晋三首相らが出席して「内外の諸課題」について集中審議を行った。首相は昨年4月の「桜を見る会」の前夜に都内のホテルで開かれた首相後援会主催の懇親会で、参加者に出されたとされる領収書に関し「私自身は実物を見ていないが、インターネット等にそれを表示している方がいると承知している」と語った。領収書の調査や提出の求めには応じなかった。 

 首相は、領収書はホテルの担当者が手書きで作成し、首相事務所職員の立ち会いのもとで会費5千円と引き換えに全参加者に配ったと説明。「それが全てだ」と話した。野党共同会派の山井和則氏(無所属)への答弁。野党は領収書の存在を疑問視している。

 首相は、内閣府が「桜を見る会」の推薦者名簿の一部の部局名を消去する「白塗り」をして国会に提出したことについて「不適切な対応があったことは誠に遺憾だ」と述べた。

 公明党の太田昌孝氏への答弁。太田氏は「白塗り」を「改ざん」だと断じ、政府の公文書管理のあり方を批判した。与党の公明党が「改ざん」と批判するのは異例。太田氏は「国会軽視とのそしりを免れず、政府の根幹を揺るがしかねない。憤まんやる方ない」と語った。

 反社会的勢力が招待された可能性にも触れ「招待する側の厳しいモラルが問われる重大な事案だ。政府の姿勢そのものに対する批判が多い」として説明責任を果たすよう求めた。首相は政府の姿勢に関する指摘に対しては、直接答えなかった。



河野氏、地上イージス配備「ゼロベース」 秋田知事と会談(2020年1月31日配信『産経新聞』)


キャプチャ
 イージス・アショアの配備計画を巡り会談する、河野防衛相(左)と秋田県の佐竹敬久知事(中央)、穂積志秋田市長=31日午後、防衛省

 河野太郎防衛相は31日、秋田県の佐竹敬久知事と防衛省で初めて会談し、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画をめぐり協議した。佐竹氏は住宅地に近いことを理由に、陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への配備は困難だとの認識を示した。河野氏は「再調査し、本当の意味でのゼロベースで検討したい」と応じた。

 河野氏は、配備地と住宅地との距離は「重要な考慮要素だ」とも説明した。

 防衛省は国内2カ所にイージス・アショアを配備する予定。昨年5月、新屋演習場を「適地」とする調査結果を公表したが、データに不備があり、再調査を実施している。



イージス・アショア配備 “地元の理解は難しい” 秋田県知事ら(2020年1月31日配信『NHKニュース』)

新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」をめぐって、秋田県の佐竹知事らが防衛省を訪れて、河野防衛大臣と会談し、秋田市の候補地への配備は、地元の理解を得るのは難しいと伝えたのに対し、河野大臣は、候補地はゼロベースで検討していくという考えを伝えました。

新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備をめぐり、政府は、秋田市にある陸上自衛隊新屋演習場を候補地の1つとして示していますが、ずさんな調査を受けて、新屋演習場を含む、東北の20か所の国有地で再調査を進めています。

こうした中、秋田県の佐竹知事と、秋田市の穂積市長が防衛省を訪れて河野防衛大臣と会談し、候補地についての説明資料が極めてずさんで、地域の住民を中心に多くの人が強い不信感を抱いていると指摘しました。

そのうえで、「新屋演習場については、県としても理解する状況には至らない」と述べ、秋田市の候補地への配備は、地元の理解を得るのは難しいと伝えました。

また佐竹知事は、再調査にあたっては、住宅地などからの距離を重要な基準に位置づけることなどを求めました。

これに対し、河野大臣は「迷惑と心配をかけたことを、改めておわびする。再調査をしっかりやり、本当の意味でのゼロベースでしっかりと検討していきたい」と述べました。








スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ