FC2ブログ

記事一覧

車いすバスケ「国際連盟がクラス分け基準守らず」IPC指摘 東京大会から除外の可能性も(2020年1月31日配信『毎日新聞』)

キャプチャ

キャプチャ2
リオデジャネイロ・パラリンピックに出場した車いすバスケットボールの男子日本代表(右)

 国際パラリンピック委員会(IPC)は31日、国際車いすバスケットボール連盟(IWBF)が障害の程度に応じて区分する「クラス分け」についてIPCの基準を順守していないとして、5月29日までに改善されなければ、東京パラリンピックの実施競技から除外する可能性があると発表した。IWBFのメーレンス会長は「車いすバスケットボールが存続できるように可能な限りの手段を講じる」との声明を出し、基準への適応を目指す姿勢を示した。

 車いすバスケットボールはパラリンピックの花形競技で、チケットの抽選販売でも人気を集めている。IPCによると、1月23~25日にドイツのボンで開かれた理事会で決議した。IPCは比較的障害が軽く、チームのポイントゲッターとして活躍している選手のクラスについて改善を求めている。2024年パリ・パラリンピックについては現時点で実施競技から除外し、21年8月末までに改善されれば復帰させるとしている。

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は「競技を楽しみにしている方々も非常に多く、改善に向けたIWBFの早期の行動を期待する。現時点では実施競技の一つであり、実施を前提に大会準備に尽力する」とのコメントを出した。

 一方、日本車いすバスケットボール連盟は31日夜、公式フェイスブックで談話を発表。「クラス分けは、パラスポーツの根幹をなすもので、IPCの規定を順守することがパラリンピック出場の大前提と認識しています」との見解を示したうえで、「IWBFがIPCの要件を満たした規定に変更するように訴えてきたが、今後もパラリンピックのスポーツであり続けるように尽力します」とした。



IPC 車いすバスケ 東京パラから除外の可能性を警告(2020年1月31日配信『NHKニュース』)

K10012268101_2001312124_2001312125_01_02.jpg

東京パラリンピックの実施競技になっている車いすバスケットボールについてIPC=国際パラリンピック委員会は、国際車いすバスケットボール連盟が選手の障害のクラス分けに関するルールを守っていないとして、東京パラリンピックから除外する可能性があるという警告を発表しました。

IPCは31日、声明を発表し、国際車いすバスケットボール連盟がIPCが定めた選手の障害に応じたクラス分けのルールを守っていないとして、ことし5月29日までに改善されなければ、8月に開幕する東京パラリンピックの実施競技から除外する可能性があると警告しました。

具体的には障害の程度によって分けられたクラス4とクラス4.5の選手についてIPCのルールに基づいて改めてクラス分けの審査を受け直す必要があるとしています。

また、2024年のパリパラリンピックからはすでに車いすバスケットボールを除外し、2021年8月末までに状況が改善されたと認められた場合は、大会の競技に加えるとしています。

IPCは選手によって異なる障害のクラス分けについて原則となるルールを設けて各競技団体に順守するよう求めていますが、国際車いすバスケットボール連盟が改善の行動を怠ったため今回の決定を行ったとしています。

IPC会長「失望は限界に達した」

IPC=国際パラリンピック委員会のアンドリュー・パーソンズ会長は「車いすバスケットボールはパラリンピックで最も人気のあるスポーツの1つだが、規則を守らなくてもよいわけではない。選手の障害のクラス分けはすべてのパラリンピック競技に不可欠で、IPCの基準にのっとっていない場合は競技の公平性を脅かす可能性があり重大な懸念事項だ。連盟は、数年前からこの問題に気付いていて、われわれは十分な時間と機会を提供してきたが、東京オリンピックまであと7か月と迫るなかでわれわれの失望は限界に達した。連盟は、障害のクラス分けのルールをIPCが承認しているルールに適合させ的確に運用しなければならない。ことし5月末までに何をすべきか、ボールは連盟側にある」とコメントしました。

東京大会組織委「実施前提に準備」

今回のIPCの発表について、東京大会の組織委員会でパラリンピックの運営を担当する中南久志パラリンピック・ゲームズ・オフィサーはIPCから事前の相談などはなかったことを明らかにし、「競技を行うかどうかはIPCの判断事項で組織委員会はIPCの決議を覆すことはできない」と述べました。

そのうえで、「アスリートや準備に関わってきた大会関係者、チケット購入者など、競技を楽しみにしている人も多く、国際車いすバスケットボール連盟が早期に改善に向けて動き出すことを期待する」としています。

そして、「現時点では引き続き車いすバスケットボールは東京パラリンピックの競技の1つであり、組織委員会として競技の実施を前提に大会準備に尽力していく」と準備は継続していくことを強調しました。
日本代表主将「何も言える状況ではない」

車いすバスケットボール男子の日本代表、キャプテンの豊島英選手はNHKの取材に対し、「何も言える状況ではないのでお答えできません」と話しました。

国際連盟「東京に向けあらゆること行う」

国際車いすバスケットボール連盟は、「けさ、大変残念な決定を受けた。車いすバスケットボール連盟は最も人気のあるチームスポーツとして持続可能で他のスポーツのモデルにもなる選手のクラス分けを提唱してきた。今回のIPCの声明には失望しているが、われわれは東京パラリンピック、そしてその先のパラリンピックで確実に車いすバスケットボールが実施されるようあらゆることを行う。すべての選手、チーム各国の連盟に協力と理解を求めたい」などとするコメントを出しました。

車いすバスケのクラス分けとは

日本車いすバスケットボール連盟によりますと、車いすバスケットボールでは選手の障害の程度によって8段階にクラス分けされていて障害が最も重い「1」から最も軽い「4.5」まで0.5ずつ持ち点が増えていきます。

試合では出場する選手5人の持ち点の合計を14点以内におさめる必要があります。今回、IPC=国際パラリンピック連盟では「4」と「4.5」の選手についてIPCのルールに基づいてクラス分けの審査を受け直す必要があるとしています。

連盟などによりますとこのうち「4」の選手は股関節を使って左右のどちらかに体を傾けてプレーすることができるなどとされています。

一方、障害が最も軽い「4.5」の選手は体を左右どちらにも傾けてプレーすることができるなどとされています。

去年のアジアオセアニア選手権の男子の日本代表では攻撃の柱の藤本怜央選手の持ち点が「4.5」で、宮島徹也選手と村上直広選手の2人の持ち点が「4」となっていました。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ