FC2ブログ

記事一覧

国民文化祭 来場者は70万8251人(2020年2月15日配信『新潟日報』)

新潟県実行委が発表

 昨秋に新潟県内各地で開かれた国内最大の文化の祭典「国民文化祭」「全国障害者芸術・文化祭」の来場者数は70万8251人だった。文化祭の県実行委員会は、地域文化にさまざまな形で触れる機会を提供できたと総括した。

 タクシー車内に障害者アートを展示する「ゴーゴー美術館」の観覧者数なども加えた参加者数は288万2977人だった。

 来場者アンケートでは、県内客89・9%に対し県外客は10・1%。「豊かな文化に触れられた」「障害者に優しい配慮がされていた」との評価があった一方、「県民に浸透しなかった印象」との指摘もあった。

 文化祭は、昨年9月15日~11月30日に本県で初めて開かれた。台風19号の影響で閉会後に延期された事業も含めて171事業を実施した。

 10日に開かれた県実行委の最後の総会で、会長を務める花角英世知事は「多くの県民に各地の伝統や文化を再認識してもらえた。得られた貴重な経験や知見はレガシー(遺産)として活用したい」と述べた。

16760.jpg
「文化ふっとつ新潟!」ロゴマーク

第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会のキャッチフレーズ「文化ふっとつ新潟!」のロゴマークを募集したところ、応募のあった241作品から、白石卓也さん(デザイナー)の作品をロゴマークとして採用しました。

キャプチャ
新潟県宣伝課長「トッキッキ」(※左はとっぴー、右はきっぴー)

2009年に新潟県で開催された「トキめき新潟国体・トキめき新潟大会」マスコットキャラクターとして、2005年11月17日に誕生し、2009年10月に「新潟県宣伝課長」に任命された「トッキッキ」が、「第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会」のマスコットキャラクターとして、開催機運を盛り上げました。

公式サイト➡ここをクリック




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ