FC2ブログ

記事一覧

人生100年時代(2020年2月16日配信『産経新聞』-「産経抄」)

 紅灯の華やかな街で、酔漢同士の取っ組み合いを見たことがある。片方がもう一方の上になり、何かを相手の鼻面に投げつけた。自分の名刺らしい。律義なことに、社名と役職まで名乗ったご仁はさらに畳みかけた。「お前、名刺を出してみろ」。

 ▼気炎を吐いた人は、当方より一回りは上だったろう。酔態はもとより、けんかで肩書をたのむ不作法に閉口した覚えがある。「ああいう大人にはなりたくないな」と鼻白む友人に相づちを打ち、その場から退散した。社会に出て間もない頃で、30年近くも前になる。

 ▼立派な肩書を刷った名刺も、効き目は在職の間でしかない。定年後の再雇用を機に後輩と立場が入れ替わり、職場でいらいらを募らせる人も多いと聞く。精神科医の保坂隆さんによると、「生涯現役」の思いが強い人ほど望みが絶たれたときの失意は大きいらしい。

 ▼連れ合いに先立たれ、一人で長い老後を送る人も増えた。孤独との付き合い方を説く指南本が売れるのは、人生100年時代に欠かせない処世術だからだろう。保坂さんの近著『精神科医が教える60歳からの人生を楽しむ孤独力』(だいわ文庫)もその一つである。

 ▼「生涯現役」への執着を捨てれば楽になる。健康のために、お金より「歩数を稼ぐ仕事」を。「いまさら」ではなく「いまから」-。肩の凝らない老い方指南が楽しい。登山と同じで、人生の山坂も上りより下りの苦労が多い。指針が求められるゆえんであろう。

 ▼89歳まで生きた歌人の窪田空穂が、晩年に詠んだ一首がある。〈ともすれば若き身力還り来む目覚めしのちの夢のごとくに〉。年の取り方は人それぞれ、肩書も名刺も老いの道を探す旅の切符にはならない。だからこそ難しく、楽しむ余地もある。



61KsU7P7HzL.jpg

内容紹介
せっかくの第二の人生、嫌なことはやめて、ちょこっとずぼらに生きてみよう。

□ 「生涯現役」という気持ちを捨てる
□ 「生きがい、生きがい」とあせらない
□ 「人は人、自分は自分」で生きる
□ 「いい加減にできる人」になる
□ 「いまさら」は禁句。「いまから」と言ってみる

あなたはいくつ実行できますか? 生きる楽しさを与える人気精神科医が教える、60歳からの「不安と心配」にさよならする本

出版社からのコメント
□ 誰も私を必要としてくれない
□ 自分の都合通りにならない
□ 相談できる友だちがいない
□ ささいなことで、不機嫌になる
□ 定年後のお金の不安が、なくならない
□ 自分だけ取り残されていく感じがする

……どれかに思い当たったら、この本を開いてください。

人気精神科医が教える、「定年前」の心配と「定年後」のストレスにさよならする方法

内容(「BOOK」データベースより)
せっかくの第二の人生、嫌なことはやめて、ちょこっとずぼらに生きてみよう。生きる楽しさを与える人気精神科医が教える60歳からの「不安と心配」にさよならする本。

著者について
1952年山梨県生まれ。保坂サイコオンコロジー・クリニック院長、聖路加国際病院診療教育アドバイザー。慶應義塾大学医学部卒業後、同大学精神神経科入局。1990年より2年間、米国カリフォルニア大学へ留学。東海大学医学部教授(精神医学)、聖路加国際病院リエゾンセンター長・精神腫瘍科部長、聖路加国際大学臨床教授を経て、2017年より現職。著書に『精神科医が教える50歳からの人生を楽しむ老後術』『精神科医が教える50歳からのお金がなくても平気な老後術』(大和書房)、『精神科医が教えるちょこっとずぼら老後のすすめ』(海竜社)などがある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
保坂/隆
1952年山梨県生まれ。保坂サイコオンコロジー・クリニック院長、聖路加国際病院診療教育アドバイザー。慶應義塾大学医学部卒業後、同大学精神神経科入局。1990年より2年間、米国カリフォルニア大学へ留学。東海大学医学部教授(精神医学)、聖路加国際病院リエゾンセンター長・精神腫瘍科部長、聖路加国際大学臨床教授を経て、2017年より現職。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ