FC2ブログ

記事一覧

安心して眠れる一生の道具を 発達障害の人を助ける布団を販売 藤井理夫さん(33)(2020年2月20日配信『毎日新聞』)

キャプチャ
発達障害の人を助ける布団を販売する藤井理夫さん(33)=川崎市の神奈川県立高津養護学校で

 発達障害がある人は感覚が過敏になりやすく、不眠に悩むケースが少なくない。近年の研究で、重い掛け布団を使うと安心感を得られ、眠りやすくなることが分かってきた。中に金属の鎖が埋め込まれた「チェーンブランケット」をスウェーデンから輸入・販売する「ラーゴム・ジャパン」を2016年に設立し、社長を務めている。

 大学時代に子ども会活動に携わり、福祉に興味を持った。怒りっぽい子も、すぐに蹴ってくる子も、真剣に向き合えば徐々に心を開いてくれた。ただ、時間と人手をかけられるのはボランティアだから。「発達障害の人を助ける道具があればいいのに」と思うようになった。

キャプチャ

キャプチャ

公式サイト➡ここをクリック




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ