FC2ブログ

記事一覧

[特別法廷「違憲」] 最高裁の検証が必要だ(2020年2月28日配信『南日本新聞』-「社説」)

 ハンセン病患者とされた男性が特別法廷で死刑判決を受けた「菊池事件」の訴訟判決で、熊本地裁は人格権を侵害し、憲法の平等原則に違反するとして違憲の判断を示した。

 ハンセン病患者を隔離して審理した特別法廷の適否について、最高裁はこれまで違憲性の言及を避けてきた。司法判断は今回が初めてであり、判決の持つ意味は重い。

 国の隔離政策により、元患者や家族らは長く深刻な差別被害に苦しんできた。最高裁は差別助長に加担してきたことを真摯(しんし)に受け止める必要がある。

 男性は1952年に元村役場職員を殺害したとして殺人罪などに問われ、熊本県合志市の国立療養所菊池恵楓園などに設けられた特別法廷で審理された。男性は無罪を主張したが、57年に死刑判決が確定し、62年に刑が執行された。

 判決は、特別法廷の審理が人格権を保障した憲法13条に違反すると断じた。裁判官や検察官が手袋をし、箸を使って証拠を扱ったことを挙げ、「当時の科学的知見に照らせば合理性を欠く」と憲法14条の法の下の平等にも違反していたと認定。裁判の公開原則にも反する疑いがあると厳しく指摘した。

 特別法廷は裁判所法に基づき、最高裁が必要と認めた場合に裁判所外で開くことができる。ハンセン病患者の裁判は、隔離先の療養所などで48年~72年に95件開かれた。最高裁は4年前ににまとめた調査報告書で設置手続きが差別的で裁判所法違反と認めて謝罪したが、「具体的状況が分からない」と違憲性は言明しなかった。

 だが、今回の判決は最高裁が裁判の独立を根拠に触れなかった個別事件の評価も掘り下げた。また、隔離政策が明白に違憲となる時期を1960年以降とされていたこれまでの司法判断を、52年の審理も違憲だったとした。従来から大きく踏み込んだと言える。

 訴訟は、男性の再審を検察が請求しないのは違法だとして2017年8月、元患者6人が国に損害賠償を求めて提訴した。ただ、判決は賠償請求については棄却した。原告らが死刑となった男性の親族でなく、再審請求権を有しないことなどが理由である。

 また、「憲法違反があることのみから、直ちに再審事由があるとは認められない」と結論づけた。確かに、審理の違憲性が死刑判決の事実認定に影響を及ぼしたとまでは言い切れない。しかし、差別や偏見の中で行われた隔離法廷で、まともな審理だったのか疑問は残る。

 特別法廷の問題をこのまま放置することは許されない。国民の司法に対する信頼にかかわる問題だ。社会に残るハンセン病の差別をなくすためにも、最高裁は再検証し、自らの責任を明確に認めるべきだ。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ