FC2ブログ

記事一覧

神戸市の児童相談所 おととしにも高校生追い返す 市が謝罪(2020年3月1日配信(2020年3月7日配信『NHKニュース』)

 先月、神戸市の児童相談所で、未明に助けを求めてきた小学生が追い返された問題で、市が調査したところ、同じ児童相談所で、おととしにも、夜遅くに相談に訪れた高校生が帰らされていたことがわかりました。市は謝罪したうえで、「二度と同じような事態が続かないように努めたい」としています。

 先月、神戸市の児童相談所「神戸市こども家庭センター」で、業務委託先のNPO法人から派遣された男性相談員が、午前3時半ごろに助けを求めてきた小学6年生の女子児童を保護せず追い返していたことがわかりました。

 この問題を受けて神戸市が過去の記録を調べたところ、おととし4月にも、高校生を追い返していたことがわかったということです。

 この高校生は午後11時ごろに「家を出るように言われたので相談したい」と訪ねてきましたが、相談員は「あすの朝、改めて電話してほしい」と言って帰らせました。

 高校生は、その後近くの公園で夜を明かし、翌朝、再び児童相談所を訪れたということです。

 当時も同じNPOから派遣された別の相談員が対応していて、「18歳以上に見え、緊急性がないと判断した。不適切な対応だった」と話しているということです。

 記者会見した神戸市の八乙女悦範こども育成部長は、謝罪したうえで「二度と同じような事態が続かないように努めたい」と話しました。

 センターが夜間・休日の対応を委託しているのは、NPO法人「社会還元センターグループわ」(同市北区)。

キャプチャ

公式サイト➡ここをクリック



神戸の児相、過去にも高校生追い返す 公園で一夜明かす(2020年3月6日配信『産経新聞』)

 神戸市の「こども家庭センター」(児童相談所)の当直職員が深夜に助けを求めた小6年女児を門前払いしていた問題で、センターが過去にも深夜に相談に訪れた高校生を追い返し、公園で一夜を明かさせていたことが6日、分かった。女児の問題を検証する専門家の検討会議が同日開かれ、明らかになった。

 同市によると平成30年4月、高校生が午後11時ごろに同センターを訪れ、インターホン越しに「家を出るように言われたので相談したい」と申告。だが夜間・休日の窓口業務を市が委託するNPO法人「社会還元センターグループわ」の男性職員は「明日朝、改めて電話して」と門前払いしていた。高校生は近くの公園で朝まで過ごした後、改めてセンターを訪れ「家に帰る仲介をしてほしい」と相談。ケースワーカーが保護者に連絡し、帰宅させた。

 職員は小6女児の対応をしたのとは別人で、高校生が18歳を超えているように見え、落ち着いていたことから緊急性がないと判断したという。業務日報で市職員に事案を報告していたが、管理職も対応が不適切との認識していなかったという。



キャプチャ

公式サイト➡ここをクリック



神戸女児門前払い 謝罪はしたが…詳細説明渋る市 危機意識欠け➡ここをクリック

児相の相談員「冗談だと思った」 神戸の女児追い返し➡ここをクリック





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ