FC2ブログ

記事一覧

聖火走者に87歳・林崇さん追加…マスターズ水泳で世界記録(2020年3月7日配信『読売新聞』ー「高知版」)

キャプチャ1
山崎望さん

 高知県は6日、東京五輪の聖火リレーで県内を走るランナー4人と1グループを追加発表した。日本マスターズ水泳で活躍する黒潮町の林崇さん(87)や、世界デフリンピック女子バレー代表で金メダルを獲得した室戸市の山崎望さん(35)らに加え、ラオスで学校建設に尽力する高知商業高生徒会の10人がグループランナーとして選ばれた。

 追加ランナーのうち、林さん、山崎さんは県実行委が推薦した。林さんは、2018年に松山市で開かれた日本マスターズ水泳の100メートルバタフライ(85~89歳の部)で、世界記録を樹立。抗がん剤治療を続ける中での快挙だった。現在も闘病を続ける林さんは、「水泳とは違い足首の力が必要なので、改めてトレーニングをする。支えてくれる家族や仲間のためにも頑張りたい」と話した。

 山崎さんは、17年にトルコで開かれた聴覚障害者の国際スポーツ大会「デフリンピック」女子バレーで、日本代表として金メダル獲得に貢献。4度目の出場での悲願達成だった。

 一方、実行委公募のランナーには、北川村の浜渦公規さん(51)、大川村の田渕史剛(50)さんが選ばれた。

 県内の聖火リレーは4月20、21日に行われ、各ランナーの走行場所は、4月上旬に決まる。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ